最近のトラックバック

  • 犬山城 (青春18切符で行く,日本の「城」巡り34)
フォト

« 紅葉シーズンの幕開けは、八ヶ岳の白駒池から・・・ | トップページ | 伝統工芸四国展へ »

布目模様の皿と猫の小物つくりの続き

布目模様の中皿と猫の小物作成編です。

2012_1018_074612imgp0001布目模様の皿は、直径30cm弱の大きさです。

高台を仕上げた後、皿の縁をマスキングし、皿全体に蚊帳の切れ端をかぶせて、白の化粧土を筆で塗布していきます。 
全体にまんべんなく塗布できたら、さらにかぶせてある蚊帳の切れ端を除きます。 そうすると、網目の模様がついています。
今回、蚊帳を除くのが少々早すぎたようで、一部網目模様が消えかかっている部分があり、次回の課題となりました。
白化粧土が程良く乾燥したら、マスキングした部分にはみ出た化粧土を削って完了となります。 
後は、焼成だけです。

次に、猫の小物ですが、今回もいろいろなポーズを作ってみました。

2012_1017_123104imgp0001もちろん前回のポーズとは違うものを目指します。

今回は、次の6体です。
1 相手を威嚇しているもの
2 手足を伸ばして床に臥せっているもの
3 床に伏せてはいるものの後ろ足が横になっているもの
4 あおむけ~おきあがろうとしているもの(前回と向きが違う)
5 前足をなめているもの
6 空き箱から顔をだしているもの
のつもりです。

見えますかね?

仕上がりはまだまだ先ですが、これらもギャラリーショップ銀座に並べるつもりですが・・・

猫を観察するともっといろいろなポーズがありますので、まだまだ作ってみるつもりです。

« 紅葉シーズンの幕開けは、八ヶ岳の白駒池から・・・ | トップページ | 伝統工芸四国展へ »

陶芸」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/541084/55910346

この記事へのトラックバック一覧です: 布目模様の皿と猫の小物つくりの続き:

« 紅葉シーズンの幕開けは、八ヶ岳の白駒池から・・・ | トップページ | 伝統工芸四国展へ »

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

ウェブページ

無料ブログはココログ