« 碓氷峠アプトの道を歩く | トップページ | マウリッツハイス美術館展観賞で神戸市立博物館へ »

桜紋様の板皿

先日は桜の形の小皿を作りましたが、今回は桜の紋様を入れた板皿です。

2012_0927__22012_0927__3同じ形の板皿ですので、まず、発砲スチロールで型を作ります。

型が出来たら、粘土がはがれやすいように、布でくるみます。

準備が出来たら、粘土を伸ばし、ハガキ大の大きさに切りだし、先ほどの型にかぶせ、その上を布で覆って、手で型にこすりつけ、型になじませます。

次に、型を外し石膏板の上に並べて少し乾かします。

持ち上げても歪まない程度に乾いたところで、皿の縁の高さが揃うよう削り、皿の裏も少し削ります。

そのあと、湿ったスポンジで、縁をなでて、滑らかにします。

最後に、桜の印花を押印し、ピンクの化粧土で色付けし、完全乾燥させます。

とりあえず今日はここで終わり、この後は素焼き以降の作業となります。

今回は、8枚作ってみました。

これも、ギャラリー銀座に並べる予定です。

« 碓氷峠アプトの道を歩く | トップページ | マウリッツハイス美術館展観賞で神戸市立博物館へ »

陶芸」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/541084/55752243

この記事へのトラックバック一覧です: 桜紋様の板皿:

« 碓氷峠アプトの道を歩く | トップページ | マウリッツハイス美術館展観賞で神戸市立博物館へ »

2018年2月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28      

ウェブページ

無料ブログはココログ