最近のトラックバック

  • 犬山城 (青春18切符で行く,日本の「城」巡り34)
フォト

« 桜の小皿の作成 | トップページ | フレンチブルドッグの置物 »

観音寺市と詫間町(三豊市)のマンホール

陶芸作品作りの合間に、面白デザインのマンホール発見に足を伸ばしてみました。 
今回は、県内の内、西の方である観音寺市と詫間町です。

ネット情報では、観音寺市は、銭形”寛永通宝”のデザイン、詫間町は、”浦島太郎”ということですので、探してみました。
コースは、琴平→大野原→観音寺市→仁尾町→詫間町ですので、琴平は以前撮影していますのでパスし、大野原町をついでに探してみましたが、なかなか見当たりませんので、本来の目的の観音寺市へ。

2012_09
ここは、すぐに見つけることができました。
ネット情報どおりの”寛永通宝”のデザインです。
観音寺市は、砂浜に掘られた”寛永通宝”がウリですから、全国でここしかないというデザインですね。
ちなみにカラーの物はありません。

ついで詫間町を目指しますが、途中の仁尾町は昔太陽の町ということで地方博を開催したこともありますので、もしやと思い、博覧会会場付近と仁尾支所付近を探してみましたが、ありませんので、詫間町に向かいます。

2012_09_2

詫間町は、浦島太郎のむかし話が伝わっており、詫間ゴルフ場そばの橋の欄干には亀に乗った浦島太郎が鎮座していましたので、期待を持ってその辺りを探した結果、ゴルフ場からJR詫間駅に向かう道の歩道にありました。
浦島太郎が、亀に乗って竜宮城に向かっている(?)デザインで、魚も描かれています。

 
今日は、初期の目的を達したので、三豊鳥坂ICから高速に乗り、無事帰宅。(所要5時間)

« 桜の小皿の作成 | トップページ | フレンチブルドッグの置物 »

マンホールデザイン」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/541084/55696513

この記事へのトラックバック一覧です: 観音寺市と詫間町(三豊市)のマンホール:

« 桜の小皿の作成 | トップページ | フレンチブルドッグの置物 »

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

ウェブページ

無料ブログはココログ