最近のトラックバック

  • 犬山城 (青春18切符で行く,日本の「城」巡り34)
フォト

« 観音寺市と詫間町(三豊市)のマンホール | トップページ | 碓氷峠アプトの道を歩く »

フレンチブルドッグの置物

9月21日、今日はいつもの器や花入れではなく、小動物を作ってみました。

フレンチブルドッグですが、見えますか?
2012_0922_1711
頭、胴体、足、耳など部品を作り、最後にくっつけていきます。
粘土自体が軟らかいので、慎重にへらでくっつけます。
全体がくっついたら、そのあと少し乾かして、化粧土で彩色していきます。
目玉、鼻、舌は必ず塗りますが、体はいろいろなパターンを考え、塗っていきます。
とりあえず、今日は3体作りました。

お座りしているもの、伏せをしているもの、大の字になって上向きに寝そべっているものです。
うまく仕上がれば、いろいろなパターンを作ってみるつもりです。
(フレンチブルドックは、ネットで陶芸作品の画像を見ていたら、たまたま目にしたので、参考に作ってみたものです)

« 観音寺市と詫間町(三豊市)のマンホール | トップページ | 碓氷峠アプトの道を歩く »

陶芸」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/541084/55718114

この記事へのトラックバック一覧です: フレンチブルドッグの置物:

« 観音寺市と詫間町(三豊市)のマンホール | トップページ | 碓氷峠アプトの道を歩く »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

ウェブページ

無料ブログはココログ