最近のトラックバック

  • 犬山城 (青春18切符で行く,日本の「城」巡り34)
フォト

« 高宋窯の作品展の案内 | トップページ | 観音寺市と詫間町(三豊市)のマンホール »

桜の小皿の作成

グループの展示会も終了し、いつもの作品作りに戻りました。

今回は、来年の春に向けて桜の小皿をつくります。
出来上がったものは、ギャラリー銀座に並べる予定です。

2012_0918_214111imgp0001_4
目標は16枚にしました。 
5枚*3セット+予備1枚のつもりです。

以前、桜の小皿10枚作ってほしいと頼まれたときに作った石膏型がありますので、それを使用します。
粘土を薄くのばし、5角形にカットしたものを、石膏型に押し付けて作りますが、型が1個しかないのでボチボチ作ります。(手順は次の通り)
1.粘土を伸ばし、5角形に切り、石膏型に押し付けます。
2.そのまましばらく置いて、触っても変形しない程度になったら、(ここまで今の時期で2時間)
3.型からはずし、弓で皿の形に周囲をカットします。
4.高台をくっつけます。(皿の裏面中央に、作者の印を押します)
5.そのまま少し乾燥させ、硬くなったら、口縁を濡らせたスポンジで拭き、なめらかにします
6.そのまま完全乾燥させます

9月18日夕方現在 11個出来ていますが、石膏型が湿っていますので、夜は石膏型を乾燥させることとし、乾燥した後、再度作成するつもりです。

とりあえずここまでで、全部ができたら、焼成に入る予定です。

 

« 高宋窯の作品展の案内 | トップページ | 観音寺市と詫間町(三豊市)のマンホール »

陶芸」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/541084/55690927

この記事へのトラックバック一覧です: 桜の小皿の作成:

« 高宋窯の作品展の案内 | トップページ | 観音寺市と詫間町(三豊市)のマンホール »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

ウェブページ

無料ブログはココログ