最近のトラックバック

  • 犬山城 (青春18切符で行く,日本の「城」巡り34)
フォト

« 印花で模様をつけた中鉢です | トップページ | お盆に入る前に小物を・・ »

一寸深めの中皿です

立秋の8月7日、今日から暦の上では秋ですが、日中の最高気温は36.6度にもなり、暑い日はまだまだ続きます。

今日も作品を作ってみました。

今回は、ちょっと深めの中皿です。 最初は皿の周囲を輪花模様にしようか? あるいは透かし模様を入れようか?など考え轆轤で挽いたのですが、乾燥が進むにつれ、考えが変わり、化粧土で模様を入れることにしました。

2012_0807_184518imgp0001日中は暑く、乾燥はぐんぐん進みますので、高台を削った後、模様つけをしますが、休憩するたびに、ビニール袋に入れ乾燥が進むのを防ぎます。

模様のイメージは、砂丘の風紋です。 一色だとあまりにも地味だと思い、2色で模様つけをすることにしました。

墨で等間隔に簡単な目印を入れ、雲型の定規を使い、針で溝を掘って行きます。

そのあと、筆で化粧土を置いていきます。やや時間がたち最初に置いた化粧土が落ち着いたら、2色目の化粧土を置いていき、写真のような状態になりました。

この後は、乾燥させてから焼成になります。
予定では8月中には出来上がる筈です。

« 印花で模様をつけた中鉢です | トップページ | お盆に入る前に小物を・・ »

陶芸」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/541084/55372653

この記事へのトラックバック一覧です: 一寸深めの中皿です:

« 印花で模様をつけた中鉢です | トップページ | お盆に入る前に小物を・・ »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

ウェブページ

無料ブログはココログ