最近のトラックバック

  • 犬山城 (青春18切符で行く,日本の「城」巡り34)
フォト

« 貴船川床で舌鼓 | トップページ | 印花で模様をつけた中鉢です »

8月最初は、ミニサイズの一輪ざし

8月最初の作品は、ミニサイズの一輪ざしです。

2012_0801_204559imgp0005
小さいといっても、実際に使えないといけません。

大きい方は、高さ11cm直径7cmくらい、小さい方は、高さ7cm直径4cmくらいですが、出来上がりは一回り小さくなります。

これらも、”泥彩線象嵌”の作品にします。

最初ろくろに粘土をセットした時は、マグカップでも作ろうかと考えていたのですが、気が変わり一輪ざしになった次第です。
このように製作途中で気が変わることはよくあります。

ここのところ、気温が高いため乾きが早いので、細工するタイミングは注意しないといけません。 この作品の場合、昼食後に轆轤を廻したのですが、高台の削りは夕食後といったところです。

焼成の出来上がりは8月末の予定ですが、電気予報の関係からそううまくいくかどうか・・・・?

« 貴船川床で舌鼓 | トップページ | 印花で模様をつけた中鉢です »

陶芸」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/541084/55330495

この記事へのトラックバック一覧です: 8月最初は、ミニサイズの一輪ざし:

« 貴船川床で舌鼓 | トップページ | 印花で模様をつけた中鉢です »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

ウェブページ

無料ブログはココログ