最近のトラックバック

  • 犬山城 (青春18切符で行く,日本の「城」巡り34)
フォト

« 水指風の壺です | トップページ | 河童人形(?)その1が完成 »

7月度本焼成の準備です。

先日素焼きの済んだものなど沢山溜まってきたので、本焼成の準備です。

素焼きの場合は詰め込んでも、作品同士がくっつくことはありませんので、窯に詰め込みますが、本焼成の場合は、適度に作品の間隔をあけたり、同じ釉薬を使うもの等を纏めて焼きますので、素焼き2回に対し本焼き3回の割合です。

2012_0721_左の写真は、先日素焼きの済んだ窯の様子です。
大きいものや小さいものを棚板の隅から隅まで、いろいろと詰め込んでいますが、同じような大きさの作品ばかりであれば、もっと効率よく詰めることができます。

今回は、この素焼きしたものと、前回本焼成した時に残った分の中から使用する釉薬の同じものを中心に選び、焼成準備をします。

前日に、釉薬を掛ける前の準備として、湿ったスポンジで本体の埃はぬぐっており、さらに高台部分には撥水剤を塗っています。

今回使用するのは、飴、藁灰、黄瀬戸、透明の各釉薬で、これらを重ね掛けしたりして、釉薬の変化を狙います。

2012_0723__2左の写真が、今回釉薬を掛け、本焼成準備が完了したものです(今回、窯の中は4段になっています)ちなみに、印花模様が見えているのは焼しめのつもりです。

このまましばらく置いて作品の水分を飛ばし、夕方SW-ONの予定ですが、焼成は明日の午前中いっぱいかかりますので、明日の電気予報を見てみると・・・・

幸いにも、電力会社の電気予報は今日は82%とのことなので明日もそれほど高くはないだろうと思い、本焼成をすることにします。

« 水指風の壺です | トップページ | 河童人形(?)その1が完成 »

陶芸」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/541084/55261330

この記事へのトラックバック一覧です: 7月度本焼成の準備です。:

« 水指風の壺です | トップページ | 河童人形(?)その1が完成 »

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

ウェブページ

無料ブログはココログ