最近のトラックバック

  • 犬山城 (青春18切符で行く,日本の「城」巡り34)
フォト

« 亀水運動センター隣のバラ園 | トップページ | 四国も梅雨入りと、木の葉の箸置き »

6月最初に作ったものは

6月最初は黒の粘土で作ってみました。

この粘土は、6か月ほど前に購入していた粘土ですが、少し硬くなっていたのでので、少し水を混ぜて柔らかくし、作品作りです。  
今回試しに、頃淡色の使用だけではなく、黒の粘土に白の粘土を混ぜ(1:1)たものを使ってみました。 作品の2と3はこの混合の粘土で作ったので、本体そのものは少し灰色に近くなるのではないかと思っています。

何はともあれ早く使い切らないと固まってしまい再生が面倒になります。

2012_0601_5_22012_0601_5_3今回の1つ目は、直径28cmくらいの皿で、これは黒粘土の単用です。

これには、先日作った印花を押してみました。 
今回の印花は内側だけでなく、外側にも押してみました。
 印花を押すタイミングは、柔らかすぎても駄目、型過ぎても駄目ですし、押す時は反対側に手を当てておかないと作品がパーになりますので、非常に気を使います。 ちなみに外側は一回りのみ押印です。

2012_0601_5_42012_0601_5_5_32個目は、コップです。

針で模様を入れ、線で囲まれた部分に化粧土を塗布しました。

3個目は花瓶です。

本体にとびカンナで模様を入れています。

これら3個の作品は、いずれも素焼き後、本体の彫りこまれた部分には白化粧土等で埋めていくこととしており、焼きあがり後は、印花や線や飛びカンナの模様がはっきりとわかるようになります

« 亀水運動センター隣のバラ園 | トップページ | 四国も梅雨入りと、木の葉の箸置き »

陶芸」カテゴリの記事

コメント

はじめまして、

オカリナを作り始めて2年が過ぎ、何とかそれらしき物が出来たのですが

陶芸はど素人なので、先月から陶芸教室に通っています。

菊練りに悪戦苦闘です。 

何年位でこんな作品が作れるようになったのですか

////////////////////////////////////

こんにちは。
お尋ねの件ですが、月に4回教室に通いはじめて、12年くらいですかね。
まじめに取り組めばもっと早く腕は上がるのでしょうが、教室は談話室になっていますが、ぼちぼちと腕は上がっていると思います。
ところで、オカリナを作っているとのことですが、音階はどうやって調整しているのでしょうか。焼成も作ってみたいとは思っているのですが・・

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/541084/54850685

この記事へのトラックバック一覧です: 6月最初に作ったものは:

« 亀水運動センター隣のバラ園 | トップページ | 四国も梅雨入りと、木の葉の箸置き »

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

ウェブページ

無料ブログはココログ