最近のトラックバック

  • 犬山城 (青春18切符で行く,日本の「城」巡り34)
フォト

« やきものとお城めぐりの旅(4)・・吉野ケ里~佐賀編 | トップページ | 日本の滝100選の雨滝等へ »

やきものとお城めぐりの旅(5)・・・番外編(レンタカーとナビ)

やきものとお城めぐりの旅の番外編です。

今回の旅にはJRと駅レンタカーを利用しましたが、そのレンタカーのナビと返却時の事です。

車種はお任せにしたのでN社のティーダが準備されていました。

まず、有田駅の駅レンタカー事務所で手続きをします。

手続きが終わったら、キーと車検証と乗り捨て先で渡す書類を渡され、”気をつけていってらっしゃい”です。 駅前の駐車スペースに”わ”ナンバーのティーダがあったので、こちらから車はあの久留米ナンバーのティーダですか?と指さして尋ねると”そうです”の一言だけ。

まあいいか と 駐車場まで行き、ティーダのドアを開けて乗り込み、ナビで行先をセットしようとしますが、メニューを押しても登録内容からの選択または自宅に替えるの画面しか表示されません。 当然登録内容を押してみると、”現在登録はありません”の表示です。ここで5分ほどかけて何とか目的地をセットすることができ、目的地到着時間が当初想定した約1時間後の表示を確認し、スタートします。

最初の”?”は、有田駅前を左に曲がらなければならないのに左折の案内がありません。
画面表示は左折になっています。(スタートして20mくらいで左折でしたので音声案内がなかったのでしょうといいように解釈しました)

次の”?”は、進行していて気が付いたのですが、ナビの地図が古い。少なくとも2年以上以前の情報です。 

ナビは道路標識とは違う狭い道を指示しますが、道路標識の通りに行くことにし、標識のとおりに行くと地図上の道路から外れます。地図にないところを走っていて、地図上の道路に乗ってもすぐにナビの表示が出ません。ナビに表示されるまで気持ち的には20秒くらいかかります。(検索が遅い・・そういえば最初に行先セットしてもすぐには出ず、検索中の表示が出てしばらく待たされたことを思い出しました)

その次の”?”は、当初予定の到着時間がどんどん伸びているのです。(私の場合は普通はだんだん縮んで来るのですが)高速道路は100kmほどで走り、一般道は50kmほどで走っているのに、どんどん伸びているのです。結局最初の平戸城に着いたのは、最初の予定より40分ほど伸びました。この間休憩はしていません。 これでは到着時間の予想がいい加減なものです。(この時点で到着予想時間の約2倍を自分で想定することにしました)

まあ、借りた車のナビの地図が古いのは覚悟しているのですが、余りにも古いような・・・
平戸島に入る平戸大橋は有料ですとの案内がありますが、実際は2010年4月から無料になっています。
また名護屋城には左折すれば100mくらいの距離なのに、まっすぐの狭い道を指示され、名護屋城址の周囲をぐるっと回らされたり・・ 道路標識にある道は10年以上前には開通した道の筈ですが・・・(名護屋城博物館は平成5年開館で、その取り付け道路なのですが・・)

まあ、何とか予定した箇所を観光することができたのですが、レンタカーは返却する前に燃料の満タン補給が必要ですのでナビ表示のガソリンスタンドに行きますがありません。何年も前に廃業したような・・・・ 佐賀市内の幹線道路を探し回ってようやく見つけ補給し、駅前の事務所まで戻るとこれだけで40分ほどのロス・・・4kmほど遠くまで行っていました。

レンタカーの事務所に行くと、まず係の人に、
①ここに置いてください・・・言われた場所に入れました
②燃料給油のレシート見せてください・・・見せました
③傷のチエックしますので・・・こすりも何もしていませんよといっても全くの無視。車検証に挟んであった図を見ながら丹念にチエック(何度も車の周りを見て回りながら)していきます。・・・何度も周囲を見て回るので、だんだん不愉快になってきましたので、ナビの不具合等を申し出ると、”其れはN社に”との返答。・・まだ車の周囲を丹念にじっくり見ています。
結局最後に、事務員の”はいよろしいでしょう”で終わりです。
”ありがとうございました”の一言もありません。

 これまで何度も駅レンタカーを借りたのですが、ここまで露骨に傷の有無をチエックされたのは初めてです。 今回のティーダは走行距離も4万キロは越えており、年数も経ておりどれが今回付いた傷だといわれてもわかりません。 これまでは、燃料のチエックはしますが傷のチエックほとんどされていません。熱海でおろしたての新車の場合の時もされていません。 そういえばこれまでは係員は男性の方で、今回は若い女性事務員でした。 ここまでやられると、借りる時にどこどこに傷があるというのを相互確認しておかないといけなくなります。(本当はしておかないといけないのでしょうが・・・)

返却するときに余りにも気分が悪くなったので、番外編としてご紹介しておきます。

今回ここで言いたいのは、①ナビの地図は出来るだけ新しくしてほしい②ナビの到着時間の想定は、高速は時速80km、一般道は時速30kmを基準で算出してほしい③係員の対応が悪い の3点です。 言わないでおこうかとも思ったのですが、佐賀駅の係員の態度が気分が悪かったので、あえて直してほしいとの気持ちを込めて、紹介することにしました。

« やきものとお城めぐりの旅(4)・・吉野ケ里~佐賀編 | トップページ | 日本の滝100選の雨滝等へ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/541084/54979748

この記事へのトラックバック一覧です: やきものとお城めぐりの旅(5)・・・番外編(レンタカーとナビ):

« やきものとお城めぐりの旅(4)・・吉野ケ里~佐賀編 | トップページ | 日本の滝100選の雨滝等へ »

2018年1月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

ウェブページ

無料ブログはココログ