« 新作の箸置きの焼成完了・・出来栄えは? | トップページ | 亀水運動センター隣のバラ園 »

乗鞍と新穂高ロープウエイ

 5/26、今月中旬に乗鞍スカイラインが開通したので、『乗鞍雪の壁ウオークと新穂高ロープウエイ』のツアーがあったので申し込み、出発。

2012_0527_152024dscn24662012_0527_151144dscn24622012_0527_152008dscn2465 畳平の鶴が池周辺で標高2700mありますから、多いところで10mを越える雪の壁を予想していたのですが、雪の量は3m程で思ったほどは無く、残念でした。
しかし心配した気温は前日までよりも7~8度も高く、風もほとんどなく、とても気持ちのいいものでした。

しばらく雪の上を歩き、集合時刻にバスに乗車したとたん、バスセンター付近は雲に覆われ、雨と風が・・・・・。

山の天気はとても変わりやすいですね。でもバスに乗ってから荒れるというのは日頃の行ないがいいからでしょうかね(笑)。 ちなみにスカイラインは前日は天候不順で通行止めだったそうです。

この日は奥飛騨温泉郷の新穂高温泉に泊まり、翌日の新穂高ロープウエイ乗車に備えます。

新穂高ロープウエイも前回利用した時、雪で何も見えずただ上に上がっただけでしたので、今回に期待して・・・・

2012_0528_085239dscn2476翌朝一番(8:30)に新穂高ロープウエイで西穂高口まで上がります。
下から見ても稜線が見えたりガスに覆われたりしていたので、期待したのですが、残念ながら穂高連峰の稜線はガスに覆われて見えません。

しばらくそこにいたのですが、徐々にガスが濃くなってさらに見えなくなってきており、集合時間も近づいてきたので止むなく下へ降り、バスに乗車。(リベンジを誓います)

バス乗車後20分ほどするとまたもや、雨が降り始め稲妻がひかり、土砂降り状態です。しかし次の予定地に着く前にはカラッと晴れ、観光には全く問題のない状態でした。

« 新作の箸置きの焼成完了・・出来栄えは? | トップページ | 亀水運動センター隣のバラ園 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/541084/54827445

この記事へのトラックバック一覧です: 乗鞍と新穂高ロープウエイ:

« 新作の箸置きの焼成完了・・出来栄えは? | トップページ | 亀水運動センター隣のバラ園 »

2018年4月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

ウェブページ

無料ブログはココログ