« 溜まった素焼きした物の本焼き | トップページ | 出雲大社は閑散としていた »

今週の作品は、四角の花瓶です

4月2回目の教室では何を作ってみようか考えながら、轆轤を廻してみました。

結論は、四角柱のような花瓶にすることにしました。

作り方はいろいろあると思いますが、今回は、以下の方法で変形させます。
 ①轆轤で円筒形の花瓶を作り
 ②少し乾燥が進んでから、墨で目印のラインをいれ
 ③目印が角になるよう、叩き板で叩いて四角に変えていきます(この場合、気長に叩いて少しづつ変形させていきます。焦りは禁物です)
 ④四角になれば、叩き板の跡をカンナで削り滑らかにします

形が整えば、後はこれまでどおり”彩色線象嵌”による模様つけです。

⑤針で線象嵌部分を彫りこみます
⑥化粧土で、色つけしていきます(黒色と黄色)
⑦完全乾燥後素焼きし、
⑧白化粧土を、針で傷をつけたところに擦りこみ
⑨本焼成します
⑩その後、刷毛で石灰透明釉を刷毛で全体に塗り
⑪再度本焼成し、完成です

2012_04__2
写真は、⑥までの状態で、
⑦以降は作品が貯まった段階でまとめて実施になります。

 

« 溜まった素焼きした物の本焼き | トップページ | 出雲大社は閑散としていた »

陶芸」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/541084/54494010

この記事へのトラックバック一覧です: 今週の作品は、四角の花瓶です:

« 溜まった素焼きした物の本焼き | トップページ | 出雲大社は閑散としていた »

2018年4月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

ウェブページ

無料ブログはココログ