« 今週の作品は、四角の花瓶です | トップページ | ようやく見つけた飛行機が描かれたマンホール »

出雲大社は閑散としていた

好天の4/18水曜日陽気に誘われて出雲大社へ出かけてみました。

市内に入ったところで昼になったので、レストラン’ランコントレ”で昼食です。

Photo出雲ドーム近くの小さなレストランです。
美味しかった。 特にパイ包みが・・・

昼食後は、出雲大社へ移動します。

2012_0418__2春休みも終わり、GW前の平日ということで、参拝客はまばらです。
このため、沢山お願いをしておきましたが、結果はどうなることやら・・・
ここは一般の神社と違って、2礼4拍1礼ですので間違わないように・・

前回来た時は改装前の本殿の中を見せていただいたのですが、現在はまだ改装中です(来年完成予定)

これまでに何度も来ているのですが、今回新たに2つ発見しました。

1件目は、日本最大の銅の鳥居があったこと。 2件目は、どでかい国旗が掲揚されていたことです。

2012_0418_2012_0418__4ガイドさんの説明によるとこの銅の鳥居に触れておくと、金運がつきお金にこまらなくなる・・とのことですので、思いっきり触っておきました(抱きついて両手で抱え込んでいる人もいました(笑))。 今まで知らなかったのだから馬券も宝くじも当たらなかったんだろうと納得(笑)

また、掲揚されていた国旗の大きさは畳75枚分ほどもあり、国旗の上の球の部分の直径が1mもあるというのです。そんなに大きくは見えませんが、柱の下部を見るととても大きいので納得したのですが、これまで国旗が上がっていたことに気づかないなんて・・・(この国旗、NHKの放送終了時に写している分だという)

それから、神楽殿の大注連縄にネットがかぶせられていました。参拝者の方が、注連縄に向かってお金を投げ込まないようにするためだそうです。

201204201204_2また、いつものマンホールのデザインですが、
出雲市ですから出雲大社かなと思ったのですが残念ながら、日御碕とウミネコであり、
途中立ち寄ってきた玉造温泉は予想通り勾玉でした。(予想と当たるとなんとなくほっとします)

« 今週の作品は、四角の花瓶です | トップページ | ようやく見つけた飛行機が描かれたマンホール »

マンホールデザイン」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/541084/54509965

この記事へのトラックバック一覧です: 出雲大社は閑散としていた:

« 今週の作品は、四角の花瓶です | トップページ | ようやく見つけた飛行機が描かれたマンホール »

2018年4月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

ウェブページ

無料ブログはココログ