最近のトラックバック

  • 犬山城 (青春18切符で行く,日本の「城」巡り34)
フォト

« 高松空港公園の桜は満開 | トップページ | 栗林公園の桜は盛りを過ぎています »

2012_花紀行(3)、薄墨桜と大垣城

4/11は、日本3大桜といわれる根尾の薄墨桜です。

事前のインターネットによる開花状況を確認すると・・・・開花は遅れており、まだ咲いていません。 でもツアーの予定(平年なら開花している時期です)に入れていますので、今回は桜の木の大きさを見るということで出かけることにします。

2012_0411__8天気予報は、雨・・・予報は当たりました。
折りたたみではなく、普通の傘を持って出かけます。

まず大垣城に行ってみます。 ここの桜は満開です。やはり城に桜は似合います。 この城はもともとは国宝だったのですが、太平洋戦争の空襲で焼失したため、その後再建したもので、コンクリート造りで中は単なる展示館で、外観だけです。お城につきものの石垣がほとんどなく、堀も無いようなものなので今ひとつです。(入館料は100円)

2012_0411__11大垣城を後にして樽見鉄道に乗ります。
大垣駅から終点の樽見駅まで、列車は、通常は1両なのですが、今日は団体さん(クラブツーリズム)が100名ほど途中から乗ってくるということで2両編成になっています。
列車は、ピンク色のうすずみ観桜号で、終点まで約70分乗車、沿線のソメイヨシノは満開です。

樽見駅に着いてから、薄墨公園までの約15分の道のりを歩き、ようやく目的地に・・・
しかし雨が降りつづいていますが、沢山の人出でにぎわっています。

2012_0411__132012_0411__16ようやく”薄墨桜”に対面・・・大きい・・・咲いたら凄いだろうなあ

全く咲いていません。アップで見るとようやく蕾が膨らんできたというくらいですかね・・・

今回は桜の木の大きさに感動し、薄墨公園を後にします。(数年度にはチャレンジを誓う)

2012_0411_2012_0411__7ついでに、ここのマンホールは、案の定 薄墨桜でした(カラーはありません)

カラーの分は、大垣市の分で、大垣城内で見つけたもので、大垣の市の木(ツツジ)と水運の町ということで運河と船と住吉燈台がデザインされています。

 2012_0411__6
番外編ですが、大垣城内で見つけた、消火栓の蓋です。

よく目立つように黄色の地の赤の消防のはしご車が描かれていました。

« 高松空港公園の桜は満開 | トップページ | 栗林公園の桜は盛りを過ぎています »

マンホールデザイン」カテゴリの記事

城、城跡」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/541084/54452727

この記事へのトラックバック一覧です: 2012_花紀行(3)、薄墨桜と大垣城:

« 高松空港公園の桜は満開 | トップページ | 栗林公園の桜は盛りを過ぎています »

2018年11月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

ウェブページ

無料ブログはココログ