« お皿とぐい飲みの模様つけ | トップページ | 馬篭宿 »

下呂温泉

急に暖かくなった3/6~下呂温泉につかり、恵那峡クルーズと馬篭宿の散策に足をのばしてみました。

事前に天気予報で気温の予想を確かめ、ダウンのコートは持っていかなくて正解でした。
日中は15~16度あり、上げ方も10度近く、セーターだけで十分の陽気で、この陽気が続くと桜の開花も早くなるのではないかと思いますが・・・開花予想はどうも例年よりも遅いようで・・・

2012_0307__3ホテルに入ってから下呂の町中をぶらぶらします。
写真は下呂温泉の河原にある露天風呂です。
ここは、以前行ったときは囲いがあったのですが、今回は何にもありません。
もともと、橋の上からは丸見えの状態ですのであまり関係はないようですがね。 

2012_0307__7少し山の手にある温泉寺に行き、本堂前にある湯薬師如来尊像に願かけします。 自分の体の悪いところに湯薬師如来尊像の台座に湧いている温泉のお湯をかけ、お願いすると御利益があるということなので、お賽銭を入れ、よくしたいところ(肩、腰、膝、頭・・・ようするに体全部)に温泉を掛けお願いしておきました。

2012_0307__11その後、時間があったので、温泉博物館を覗き、ホテルへ戻りました。

町中をぶらぶらして居るときに見つけた、下呂温泉のマンホールで、蛙のイラストが描かれていました。 下呂温泉ですから”ゲロゲロ”と鳴くカエルにかけたのですね。 このマンホールのあった近くにカエル神社も作られていました。

2012_0307__4カエル神社付近から離れると、ほとんどのマンホールは”シラサギ”になり、カラーの分とそうでない分と半々のようでした。

マンホールのデザインは、地域で異なり、その地域の歴史や観光、花などをもとに作られていますので、街歩きをしたときに捜してみることにしています。
(ちなみに、当地高松では、那須与一と扇の的です。)

« お皿とぐい飲みの模様つけ | トップページ | 馬篭宿 »

マンホールデザイン」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/541084/54171421

この記事へのトラックバック一覧です: 下呂温泉:

« お皿とぐい飲みの模様つけ | トップページ | 馬篭宿 »

2018年4月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

ウェブページ

無料ブログはココログ