最近のトラックバック

  • 犬山城 (青春18切符で行く,日本の「城」巡り34)
フォト

« 一番の寒波と突然の雪、窯が不調 | トップページ | 彩色線象嵌の作品とりあえず完成とします »

2012年最初の本焼成です

2月4日夕方、2012年最初の本焼成のため、電気窯のSW-ON

土曜夕方~日曜午前中の焼成にしたのは、寒さも緩み、企業も休日ということで、電力会社のでんき予報も”安定した需給状況”になるだろうとのことからです。

 土曜日は夕方18時過ぎにSW-ONし、窯の出力2KWで徐々に窯の温度を上げていき、22時過ぎから窯の出力4kWに上げます。日曜の朝6時過ぎには窯の温度は約900度になっており、ここで窯の出力を8KWに上げ、1230度まで持っていき、約1時間キープすることとしており、窯のSWを切れるのは11時過ぎです。

冬の電気のピークは夕方ですので、その時間帯は窯の出力は最小になるように、また、時間帯別電灯電力の契約ですから、23時~7時までは深夜電力利用となるよう心がけています。(時期が時期ですから、電気窯で焼成を行う場合は気を使います)

7日(火)午後、ようやく窯の温度が50度くらいまで下ったので蓋をあけ作品をとりだしてみました。

2012_0206_1_82012_0206_1_2_22012_0206_1_6_2左の写真は、らせん状に彫りこんでいます。

また、中央の写真は、二重になった花瓶です。

右の写真の奥の2つの作品は藁灰釉薬だけですがアクセントがないようで次回本焼きの時に色つけか何かをしてみようと思います。

2012_0206_1_32012_0206_1_42012_0206_1_7左から順に、Mさんに頼まれた小鉢6個+予備1個

象嵌焼締のぐい飲み6個

箸置の新作(蓮根)・・焼締・・です

2012_0206_1_9また、最後の写真は、OB会用の粗品のぐい飲みの追加分10個です。

今回の本焼成による作品は、まだありますが、それらは上絵具で部分的に色つけすることにしていますので、次回以降になります。

« 一番の寒波と突然の雪、窯が不調 | トップページ | 彩色線象嵌の作品とりあえず完成とします »

陶芸」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/541084/53907780

この記事へのトラックバック一覧です: 2012年最初の本焼成です:

« 一番の寒波と突然の雪、窯が不調 | トップページ | 彩色線象嵌の作品とりあえず完成とします »

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

ウェブページ

無料ブログはココログ