最近のトラックバック

  • 犬山城 (青春18切符で行く,日本の「城」巡り34)
フォト

« 2012年最初の本焼成です | トップページ | 咲き始めた胡蝶蘭 »

彩色線象嵌の作品とりあえず完成とします

先日来作っていた”彩色線象嵌”の作品とりあえず完成としました。

2012_0210_103417imgp0003
淡赤土に白の化粧土で象嵌し、黒と黄の化粧土で色つけしたものです。

焼締にしたので、淡赤土の色と黄色の化粧土の区別がつきにくいようですが、よく見ると何とか見えます(こんなもんでしょう)。 素焼きの時よりも本体の色は薄くなっています。

高さは22cm直径10cmくらいの大きさで、最初に作った時よりも大体12%程度は縮んでいます。(作品を作る時は、この収縮率を頭に入れて作らなくてはなりません)
なお、写真右隅下は内側の状況です。

2012_0210_また、2番目の写真は、同じ時期に焼成した”ぐい飲み”ですが、本焼き完成時の紹介写真よりもアップにしてみました。

白の線は化粧土を埋め、黒っぽい部分は、飴釉をかけています。
器の内側も、飴釉をかけています。 本体はやや歪ませて三角形に近い形にしてなっています。(これは丹波焼作家の市野さんの作品を参考にさせていただいたものです)

次回の彩色線象嵌の作品は、土を赤土にし、部分的に釉薬をかけてみようかとも思っています。そうすれば本体の白っぽさがなくなりますので・・・・

« 2012年最初の本焼成です | トップページ | 咲き始めた胡蝶蘭 »

陶芸」カテゴリの記事

コメント

わ~!ステキな焼き上がりですね☆☆くりも学生時代焼き物を少しやったことがあるのですが、またやりたくなりましたsmile

作品を作っているときは、他のことを考えませんから、気分転換にもなります。 また、年配者にとっては頭を使い、指を使いますのでボケ防止にもなります。 

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/541084/53946895

この記事へのトラックバック一覧です: 彩色線象嵌の作品とりあえず完成とします:

« 2012年最初の本焼成です | トップページ | 咲き始めた胡蝶蘭 »

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

ウェブページ

無料ブログはココログ