最近のトラックバック

  • 犬山城 (青春18切符で行く,日本の「城」巡り34)
フォト

« 大きな皿です | トップページ | 年賀状作成、着々と進行中 »

尻に火がついた2012年賀状つくり

12月も半ばを過ぎ年賀状の受付も始まり2011年も残すところあと半月もありません。
年賀状を作りも延ばし延ばしにしていたのですが、そろそろ、お尻に火が付いてしまいます。

会社に入社以来、40年以上になりますが、年賀状は干支の木版画が主です。
2012年もこれまで同様、木版画作りからスタートです。
デザインを考え、シナベニヤの板に彫刻刀で慎重に彫っていきます。

2011_1219_多色刷りですので色の数だけ彫らなければなりません。
図案をさかさまにし、シナベニヤにカーボン紙を挟んで描いていき、彫り始めますが、慎重に彫っていかないとベニヤ板の表面が剝げて失敗します。

1日あれば彫り終わりますので、明日からは刷り始め週末には、あて名書きの予定です。

予定では、25日頃には投函できるつもりですが、はてさてうまくいきますかどうか・・・?

ちなみに今回のデザインは先日粘土で作った”たつ”にしました。

« 大きな皿です | トップページ | 年賀状作成、着々と進行中 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/541084/53515544

この記事へのトラックバック一覧です: 尻に火がついた2012年賀状つくり:

« 大きな皿です | トップページ | 年賀状作成、着々と進行中 »

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

ウェブページ

無料ブログはココログ