最近のトラックバック

  • 犬山城 (青春18切符で行く,日本の「城」巡り34)
フォト

« 花籠? | トップページ | 高橋和三郎展 »

11月最初の作品

11月最初は、自宅で轆轤を回し、花入れの作成です。

2011_1101_165332imgp0009粘土が少し硬かったため、少し練って、硬さを均一にしたつもりでしたが、轆轤に乗せて土殺しまではスムーズ(?)に出来ましたが、引きのばしていくと少し硬い部分と柔らかい部分が残っていたため、何とか苦労しながら写真のような形に仕上げることができました。・・・もっと努力しないとうまくなりませんよというような声が聞こえてくるようですね・・・(高さ26cm*直径11cm)

首の部分は4cmほどですが、焼成すると3.5cmくらいになり、少し多めの花を生けることができます。 家人から、少し口が大きく沢山の花を入れることができる大きさの花入れがほしいといわれていたので、今回は一輪ざしのやや大きい分にした次第です。

2011_1103_164709imgp0004この後は、少し乾燥したところで、外面を削って写真のような形に仕上げました。

本焼成は釉薬をかけるのか、備前焼風の焼しめにするのか、それとも焼しめ部分と釉掛け部分を半々にしてみるのか・・・・思案中です。

« 花籠? | トップページ | 高橋和三郎展 »

陶芸」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/541084/53137382

この記事へのトラックバック一覧です: 11月最初の作品:

« 花籠? | トップページ | 高橋和三郎展 »

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

ウェブページ

無料ブログはココログ