« 高橋和三郎展 | トップページ | ”辰”を10体作りました »

2012年の干支の辰の試作?

2012年の年賀はがきも売り出され、そろそろ、2012年の準備を始めようかと思いたち、1が6個並ぶ11月11日、干支の辰のデザインを考え、粘土で作ってみました。 (まだ焼いてはいませんが・・・)少し遅いかもしれませんね。

2011_1111__62011_1111__7”龍”となると粘土では細かいところは難しいので、あくまでも”たつ”です。

写真は試作品ですが、これをベースに改良を加えていくつもりです。

今のところ、1つ1つ手作りで、石膏型は使いません。数多く作るのであれば石膏型を作りますが、この”たつ”の場合は少々面倒なので1つ1つ作る方が簡単です。

なお、改良する点は、頭の部分をもう少し細くするとか、ひげを白の粘土にするとか、足の色を変えるとか、目の部分を丸くするとか・・・ いろいろありそうです。

そのうち一番気にいった形のものを今月末までに10体ほど作ってみようと思っています。

施策の”たつ”をじっと見ていると、頭の部分を丸くし、足を取り除けば、2013年の干支の”巳”になることに気がつきました。

« 高橋和三郎展 | トップページ | ”辰”を10体作りました »

陶芸」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/541084/53218329

この記事へのトラックバック一覧です: 2012年の干支の辰の試作?:

« 高橋和三郎展 | トップページ | ”辰”を10体作りました »

2018年4月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

ウェブページ

無料ブログはココログ