最近のトラックバック

  • 犬山城 (青春18切符で行く,日本の「城」巡り34)
フォト

« ミニムツゴロウ5体作成 | トップページ | 伝統工芸四国展(高松三越)へ »

10月度の本焼成です

10月17日素焼きした分がたまってきたので、本焼成しようと思い、朝から釉薬掛けです。

釉薬掛けの準備として、撥水剤は昨日夜間に塗布しておいたので、釉薬をかけるだけです。

今回は、藁灰釉と、天目釉と飴釉、石灰透明釉をかけ、さらに藁灰釉には織部を重ね掛けします。 試しに天目釉薬にも藁灰釉を重ね掛けしてみました。

これら作業に、途中休憩を挟みながら約5時間要しました。

2011_1017_10短時間ですが、外に並べ、少しでも水気をとばし、高さをそろえながら窯に詰め込みました。

夕食後までこの状態で置いておき、夕食後SW-ON(もちろん23時からの夜間電力を有効活用します)
明日の午前中には焼成完了ですが、結果がわかるのは金曜日午前中になります。

« ミニムツゴロウ5体作成 | トップページ | 伝統工芸四国展(高松三越)へ »

陶芸」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/541084/53013590

この記事へのトラックバック一覧です: 10月度の本焼成です:

« ミニムツゴロウ5体作成 | トップページ | 伝統工芸四国展(高松三越)へ »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

ウェブページ

無料ブログはココログ