最近のトラックバック

  • 犬山城 (青春18切符で行く,日本の「城」巡り34)
フォト

« 10月分焼成が完了 | トップページ | 高宋窯の 第5回青磁やきもの展 »

信州の上田、須坂、軽井沢付近は紅葉進行中

10月23日から2泊3日で長野県の別所温泉と山田温泉・松川渓谷へ行ってきました。

別所温泉に行く前に、手前の箕輪ダム(もみじ湖)へ立ち寄り、紅葉の中を散策。
2011_1023__32011_1023__10
ここの紅葉は未だ真っ盛りではありませんが、場所によっては見頃になっています。 ダムの上流が公園になっており、もみじ祭りの会場となっていますが、もみじ狩りの人出は少ない状態です。(でも、会場までの道が狭いので来週くらいは大変でしょうね) 

そのあと別所温泉(花屋)に移動。 
2011_1023__22
信州の鎌倉ともいわれている別所温泉では、翌朝、北向観音や国宝の安楽寺三重の塔、常楽寺などを早朝散歩で拝観。

国宝の三重の塔は10月上旬までは屋根の銅板の吹き替え工事のためシートで覆われていたとのことでしたが、行ったときはシートは取り除かれ、ピカピカの銅板の屋根が光っており、普段なら暗くて見えにくい軒下などもライトアップされているようによく見えました。(でも、銅板の屋根なら、緑青で覆われている方が重厚で趣があるように思えます)

2011_1023__17左の写真は、別所温泉の北向観音の門前町の階段降りたところで見つけたギャラリー作る屋のショウウインドウにあった面白い作品です。

歳のせいか題がついていたのですが、すっかり忘れてしまっています。
カエルと河童の会合のような、面白い表情をした鬼とカエルと河童が集まってワイワイガヤガヤやっているようです。

2011_1023__18_3これ以外にも沢山あるようでしたが、何分早朝のため、ギャラリーはまだオープンしていませんので、作品鑑賞はここまでにしました。

そのあとは、紅葉の始まった軽井沢でぶらぶらし2011_1023__3_3ます。
(写真は、旧軽井沢のメインストリートを抜けた別荘地が始まる付近の紅葉の様子です。
ここまで来ると観光客はとても少なくなります)

昼食後、松川渓谷にある山田温泉(藤井荘)へ移動です。
この温泉宿は渓谷にへばりついた格好で建てられているため、5階建ての温泉旅館ですが、5階がロビー・フロントで客室・浴場は下に降りていきます。
2011_1023__37
そのため、客室の窓の外は紅葉の渓谷に面しています。(今年は早くに霜が降りたため紅葉は今一つとのことでした)

 夕食前に渓谷の散歩をしましたが、ここも最近は熊やカモシカが出るようで、遊歩道のあちらこちらに熊よけの鐘が設置されており、これを鳴らしながら散歩です。

2011_1023__4翌日は、宿の女将を始め従業員のみなさんに見送られて雷八滝と雷滝を見物。ここは平日にも関わらず、多くの人で賑わっていました。

雷滝は滝の裏側を通って滝の下に行くようになっており、足元も悪く、少々濡れます。でも下から見上げるのも一見の価値ありというところですかね・・・・。

その後は須坂市の豪商の館・田中家博物館で、TV東京のなんでも鑑定団で中島誠之助氏が鑑定した青井戸茶碗(時価300万円・・・須坂騒動で火事にあっていなかったら3千万円という評価)をはじめとした陶磁器な度の展示物や庭を鑑賞後、須坂藩の殿様が食べていたという『やまどりの雑煮』を食し、帰途に着きました。

« 10月分焼成が完了 | トップページ | 高宋窯の 第5回青磁やきもの展 »

旅行・地域」カテゴリの記事

陶芸」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/541084/53089206

この記事へのトラックバック一覧です: 信州の上田、須坂、軽井沢付近は紅葉進行中:

« 10月分焼成が完了 | トップページ | 高宋窯の 第5回青磁やきもの展 »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

ウェブページ

無料ブログはココログ