最近のトラックバック

  • 犬山城 (青春18切符で行く,日本の「城」巡り34)
フォト

« 透かし彫りにしました | トップページ | 透かし彫り、その3です »

8月最後の週は、透かし彫りの広口の花瓶です

8月最後の週は、広口の花瓶です。

2011_0827_4  一輪ざしのように口を狭くして、少しの花しか生けられないのではなく、沢山の花が生けられ、生けた花が広がるようにとのことで、広口にします。

 少し乾燥した後で本体を削りますが、それだけでは面白みがないので、一寸細工することを考え、本体を二重にして外側に透かし彫りを入れることにしました。 

本体を削った後、外側をろくろで引いて、先ほど削った本体を中に入れ、しっかりとくっつけます。(くっつけた後、針で小さな穴をあけておくのを忘れてはいけません)

2011_0827 左の写真が、本体の外側にくっつけた後です。
本体が丸くなっているのがわかると思います。

このまましばらく置いておき、少し乾燥させてから、本体を削ります。

削った後は、本体に墨で穴をあける目安の線を入れ、
透かし模様を入れていきます。

ここまで住んだところでしばし休憩し、次の工程に入ります。

2011_0828_121725imgp0001 ここから気をつけなくてはいけないのは、細工用のナイフを深く差しこむと内側の本体に穴が開きますので、外側の粘土しか穴があかないよう、慎重に進めていきます。

全部の透かしが入ったら、このまま少し乾燥させます。

二重になっていることから、くっつけた部分がとても厚くなっているので乾燥しにくいし、焦ると割れてしまいますので慎重に進めていきます。

2011_0830_212809imgp0002_2透かし模様を入れた個所は面取りし、その後湿ったスポンジでなでて滑らかにしておきます。

素焼き前の状態が左の写真です。

(写真の色が違うのは、デジカメのホワイトバランスの差ですのであしからず。 色がグレーの分は、昼間の日光が強いときにとったものです)

« 透かし彫りにしました | トップページ | 透かし彫り、その3です »

陶芸」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/541084/52579308

この記事へのトラックバック一覧です: 8月最後の週は、透かし彫りの広口の花瓶です:

« 透かし彫りにしました | トップページ | 透かし彫り、その3です »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

ウェブページ

無料ブログはココログ