« 満濃町のひまわり畑 | トップページ | 上高地は涼しかった »

高松三越の美術画廊へ

 高松三越の美術画廊で、『近代陶芸の美”人間国宝と次代を拓いた作家展”』が開催されていたので、覗いてみました。(撮影はできませんので、写真はありません)

 濱田庄司、河井寛次郎、三輪休雪、山田常山、加茂田章二などそうそうたる作家の作品が展示販売されています。(自分の作品の参考にするためですがもちろん、見るだけです。)

 中には、中国の福建省の建窯で焼かれた天目茶碗で、現在世界で3個しかなく、そのすべてが日本にあるという国宝の曜変天目茶碗を再現した(?)ものもありました(ケースの中に鎮座していましたが、国宝の曜変天目茶碗を思い浮かべながらみせていただきました)

 曜変天目茶碗は無理ですが、他の方の作品を見ながら、形、釉薬の掛かり具合などをじっくりと見せていただきました。(でも、値段を見ると・・・・いい値段です。) 

« 満濃町のひまわり畑 | トップページ | 上高地は涼しかった »

陶芸」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/541084/52285264

この記事へのトラックバック一覧です: 高松三越の美術画廊へ:

« 満濃町のひまわり畑 | トップページ | 上高地は涼しかった »

2018年4月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

ウェブページ

無料ブログはココログ