最近のトラックバック

  • 犬山城 (青春18切符で行く,日本の「城」巡り34)
フォト

« 唐橋焼と安土城跡 | トップページ | 6月最後の教室です »

6月3回目の教室での作品

6月18日(土)の教室作品です。

再生した粟田土の塊があったので、菓子鉢でも作ろうかと思い、轆轤を回してみました。

教室では、菓子鉢の形をイメージし、轆轤を回し、まず鉢を作ります。

その後自宅へ持ち帰り、1日置いて、少し乾燥した状態で、高台を削り、全体の形を整え、透かし模様を入れてみました。

このとき、非常に気を使います。 失敗したらこの作品はおじゃんですから・・・・

2011_0618 2011_0618_2 約4時間かけて、粘土をくりぬき、面取りし、湿ったスポンジで拭って、切り口を滑らかにしてとりあえず形は完成です。

写真は斜め上からと横から見た分で、直径約25cmの大きさです。

この後は、そろそろと乾かし、焼成に入ります。

乾かす時、気をつけることは、縁の方はくりぬいているため、乾燥が早いのですが、高台の方は遅いので、袋に入れて、ゆっくり乾かさないと透かし彫りした部分にひびが入る恐れがあると思いますから・・・)

« 唐橋焼と安土城跡 | トップページ | 6月最後の教室です »

陶芸」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/541084/51997110

この記事へのトラックバック一覧です: 6月3回目の教室での作品:

« 唐橋焼と安土城跡 | トップページ | 6月最後の教室です »

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

ウェブページ

無料ブログはココログ