最近のトラックバック

  • 犬山城 (青春18切符で行く,日本の「城」巡り34)
フォト

« 6月最後の教室です | トップページ | 陶芸展のはしご(まんでがん他) »

7月本焼成の準備です

先日から作っていた作品と頼まれた作品が貯まってきたので、一昨日の土曜日素焼きしました。

 以前からあった素焼きした分を並べてみると本焼成の2回分はゆうに超えるだけあります。

 そのため、今日(月曜日)は、①作品本体のスポンジでの水拭き ②撥水剤塗り ③釉薬掛けに追われ、16時前には何とか1回分の釉薬掛けが終わりました。

2011_0627  釉薬も ①石灰透明釉 ②黄瀬戸釉 ③藁灰釉 ④飴釉 を使ったので、思わぬ時間を要した次第です。(備前焼風や焼締だと時間はかかりません)

 窯詰は、作品の高さを見ながら詰めていきます。(高さの同じようなものをそろえて詰めないと効率が悪くなります(全国的に節電が叫ばれているこの頃ですから・・・)
今回は、全部で4段詰めました。写真は4段目を詰めた後ですが、まだ手前に20cmくらいの皿がはいるスペースがあります。

2011_0627_2  釉薬のかけ終わっていない残りの作品を見てみると、左の写真以外にも鶴首の花入れなどが残っていましたが、適当な大きさの作品が見当たりませんので、このままの状態で焼成することになります。

 今は作品自体が、釉薬をかけた時の水気を含んでいますので、明日夕方SW-ONの予定です。 極力夜間電力を使うようにし、昼間のピーク時は避けるように出来るはずです。(焼成に掛かる電気代も電力会社との契約は、時間帯別電灯電力ですので夜間電力が昼間の約3分の1になります)

« 6月最後の教室です | トップページ | 陶芸展のはしご(まんでがん他) »

陶芸」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/541084/52058393

この記事へのトラックバック一覧です: 7月本焼成の準備です:

« 6月最後の教室です | トップページ | 陶芸展のはしご(まんでがん他) »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

ウェブページ

無料ブログはココログ