最近のトラックバック

  • 犬山城 (青春18切符で行く,日本の「城」巡り34)
フォト

« 先日(5・17)の本焼成が終了 | トップページ | ムツゴロウ第2弾 »

赤沢森林公園と青いバラ

信州の赤沢自然休養林を歩き、昼神温泉に泊まり、岐阜の花フェスタ記念公園に行くツアーがあったので参加しました。

赤沢自然休養林に行く途中、

2011_0523_3 ”寝覚の床”を国道わきのレストハウスから眺めてみます。

JR中央線の名古屋から塩尻方面行きに乗っていると、車内案内で『進行方向左に寝覚の床が見えます』という案内がありますが、停まるわけでもなし、徐行するわけでもないので、あっという間に行き過ぎてしまいます。

でもここはJR中央線よりも一段高いところにあり、ばっちりと見えます。

生憎、当日は雨が降っていたので、滑って危険ということで上から見るだけです。 そのためか、専用駐車場には一台も車は停まっていませんでした。

そのあと、狭い山道を通って赤沢自然休養林へ到着です。

ここは、信州木曽路の西部に位置しており、面積は728ha、標高は駐車場のところで1080m、樹齢300年を超える木曽檜の天然林で構成されているところです。

ここでは、自由行動ですので、この休養林の核となる散策コースである駒鳥コースを歩きます。 

2011_0523_5 途中、伊勢神宮の20年に一度の式年遷宮の御神木伐採跡地があり、昔からのしきたりにのっとり、斧で伐採された切り株が残っています。

写真は昭和60年の第61回式年遷宮のもので、第62回のものはヒミツだそうです。

また、この自然休養林には観光用の森林鉄道も走っていましたが、御神木伐採跡を観るためには、ここは歩くしかありません。(帰りの片道だけの乗車はダメとのこと。往復も往路だけでも料金は800円です)・・木道も整備され歩きやすくなっていますので負担には感じません

森林浴の後は、昼神温泉で、疲れをとります。

旅館の部屋の名前は、何と”財宝”  ちょうど財布にミニロトがはいっていたので、部屋のカギに重ねて置いておきましたが・・・・結果はどうでしょう(後日わかりますがね)

2011_0523_20翌朝は、朝風呂のあと朝市をぶらりとして、朝食です。

朝食メニューは何と31膳です。2011_0523_23

写真のように、お盆の上に29種あり、これにご飯と赤だしを加えて都合31膳です。

ご飯は名古屋コーチンの卵かけご飯で何とおかわりをしました。

  

最後の見学場所は、可児市の花フェスタ記念公園で、世界のバラを鑑賞です。

ここでは多種多様なバラがあり、中には青いバラがあります。

2011_0523 青いバラといえば、ブルームーンというのがありますが、これは蕾の頃は赤みががっているようですが、蕾の時から青いバラがありました。(写真)

数が少なく、少し花が小さく、株自体も小さかったので、見つけにくかったのでしょうか。同じツアーの人の半分くらいは、どこにあったかわからなかったようです。(青いバラといえば、2004年にサントリーがバイオテクノロジーで『サントリーブルーローズ アプローズ』を開発し、2009年に販売開始したものがありますが、これかどうかは不明です)

« 先日(5・17)の本焼成が終了 | トップページ | ムツゴロウ第2弾 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/541084/51757740

この記事へのトラックバック一覧です: 赤沢森林公園と青いバラ:

« 先日(5・17)の本焼成が終了 | トップページ | ムツゴロウ第2弾 »

2018年1月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

ウェブページ

無料ブログはココログ