最近のトラックバック

  • 犬山城 (青春18切符で行く,日本の「城」巡り34)
フォト

« 伊賀上野城の桜も又兵衛桜もまだだった | トップページ | 奈良東大寺襖絵と大和郡山城の桜・・・ »

4月最初の教室では・・

4月最初の教室の作品は、3月と同じく貼り付けで作品を作るため、板状に粘土を伸ばします。

今回は正方形の分と、菱形の分をつくり、張り合わすことにしました。

20110402_2 20110402_3 まず、正方形の粘土を貼り合わせて作りました。

左の写真は横から、右の写真は、上から見た形です。

器体には、放射状の模様を彫りこんでみました。

ここまでは、思い描いた形に出来ています。

20110402_4 20110402_7 次は、菱形の粘土板を貼り合わせたものです20110402_8

一番左の写真は、横からですが、これだと正方形の粘土板を貼り合わせたものと大差無いように見えます。 しかし、少し本体を回してみると、いびつになっています。

貼る場所をまちがえたようですね。 ばらして貼り直しはできませんので、次回再チャレンジしてみます。

粘土板を貼って作る作品は、貼り合わせる個所をしっかりと押さえていないと、焼成した時に外れることがあるので、ここまで出来てもまだ安心はできません。

なお、この作品は、白い釉薬を掛ける予定です。

  

また、4/5(火)から三越の美術画廊で、讃岐の陶芸家展が始まったので、覗いてきました。 豊庵窯の伊藤信夫さん、朋花窯の平岡朋美さん、讃窯の田中保基さん、藤見窯の山下登志子さん、大星山房の斉藤剛さんが作品の展示即売をしていました。みなさん特徴のある作品でそこそこの値段はします。(もちろん作品作りの参考にします)

« 伊賀上野城の桜も又兵衛桜もまだだった | トップページ | 奈良東大寺襖絵と大和郡山城の桜・・・ »

陶芸」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/541084/51309357

この記事へのトラックバック一覧です: 4月最初の教室では・・:

« 伊賀上野城の桜も又兵衛桜もまだだった | トップページ | 奈良東大寺襖絵と大和郡山城の桜・・・ »

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

ウェブページ

無料ブログはココログ