最近のトラックバック

  • 犬山城 (青春18切符で行く,日本の「城」巡り34)
フォト

« 3月最初の作品の削りでもしようか・・・ | トップページ | 琴参閣でOB会 »

3月2回目の教室は・・・

3月2回目の教室です。

東日本は大変なことになっているというのに、呑気に作品作りなんて・・・・お叱りを受けそうですが、昨晩からのニュース映像を観て、津波の怖さを目の当たりにし、南海地震に備えてしっかりとパニックに陥らないように準備しておく必要があると考えさせられた次第です。

被害にあわれた方に心より御見舞もうしあげます。

教室での話題も地震と津波の話ばかりでした。

昭和21年の南海地震当時の避難の様子などを教室の生徒さん方から聞くことができました。(生徒さんの半分は体験しているとのことです)

話は変わりますが、今日の教室での作品は、練りこみの花入れ(一輪差し)です。

2011_0312 今回は、紐作りではなく、電動轆轤を回してつくります。

まず、3種類の粘土(淡赤土、白土、白土に黒の化粧土を混ぜた土)を軽く練り、轆轤に据えて、土殺しをし、引き上げます。

その後、絞ったり、さらに引き上げたりして写真の形ができました。

このままでは周囲は茶色1色ですが、少し乾燥した段階で、周囲を削って練りこみの模様が見えるようにします。(下の写真です)

2011_0313_154758imgp2247 この段階では、よく見てもまだ赤土と白土の模様ぐらいしか見えませんが、素焼きしてみればどのような模様になっているのかわかります。

黒(グレー)い部分が白土です。赤土と淡赤土さらには白土と黒をまぜた土の部分はわかりません。

結果は期待と不安半分半分です。(できあがった段階で続報を掲載の予定です)思った模様が出なければ、土を練る方法を変えてみるだけです。

« 3月最初の作品の削りでもしようか・・・ | トップページ | 琴参閣でOB会 »

陶芸」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/541084/51102115

この記事へのトラックバック一覧です: 3月2回目の教室は・・・:

« 3月最初の作品の削りでもしようか・・・ | トップページ | 琴参閣でOB会 »

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

ウェブページ

無料ブログはココログ