最近のトラックバック

  • 犬山城 (青春18切符で行く,日本の「城」巡り34)
フォト

« 和歌山城と紀三井寺の桜は蕾だった | トップページ | 伊賀上野城の桜も又兵衛桜もまだだった »

立方体の花入れを作ろう

3月26日の教室は、・・・・

何を作ろうか迷った結果、立方体の花入れを作ることにしました。

方法は、粘土を板状に延ばし、正方形にカットした粘土版を貼り合わせることにします。

2011_0326 まず、写真のような形の粘土版を14枚作ります。

立方体ですから、6枚あればいいのですが、1枚は底にあたる部分です。

次に、この粘土版を1日から2日このまま置いておき、加工しやすい硬さまで乾燥させ、適度な硬さになるまで待ちます。

2011_0328_2 適度な硬さになれば、正方形の型紙に合わせてカットし、いよいよ組み立てです。

ドベを塗りながら慎重に組み立てていきます。

接着面はしっかりと押さえておきます。

組み立て終わったら(立方体になったら)、花入れの口を作ります。

2011_0328_4

コーナーをカットし、さらに反対側のコーナーもカットして底を作り、結果、写真のような形になります。

この後、表面を彫りこみ模様を入れ、湿らせたスポンジで表面を吹いて、滑らかにします。

出来上がりは、下の写真のような状態になります。

今回は2個作りました。模様は少し変えています。

後は、しっかり乾燥させて、焼成に入ります。出来上がったら紹介します。

2011_0330_181803imgp2317

« 和歌山城と紀三井寺の桜は蕾だった | トップページ | 伊賀上野城の桜も又兵衛桜もまだだった »

趣味」カテゴリの記事

陶芸」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/541084/51239127

この記事へのトラックバック一覧です: 立方体の花入れを作ろう:

« 和歌山城と紀三井寺の桜は蕾だった | トップページ | 伊賀上野城の桜も又兵衛桜もまだだった »

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

ウェブページ

無料ブログはココログ