« H23.12.1の出来事 | トップページ | 関宿~志摩~伊勢をぶらりと・・(その1) »

2011年2月最初の教室

2011年2月最初の教室は・・・

2010_0111_235948imgp2091 今日は休みの方が多く、生徒は4名のみで、賑やかな生徒さんが不在で、やや静かな教室でした。

作った作品は、先日から続けている『手捻り練りこみ茶碗』(のつもり)です。

今回、粘土は、淡赤土、白土、黒の化粧土と、緑の展示会用の粗品作りに使用した年度の削りかすで緑の顔料が少し混ざった土を混ぜて再生し、よく練ったものが主体です。 焼成すると混ぜたというか混ざった土がどのように模様になっているのか想像しながら作っています。

それだけでは、模様がはっきり出るかどうかわかりませんので、器本体の真ん中辺に、白土と淡赤土を軽く混ぜた土をはさみ、口縁は白土にしており、口縁はきちんと水平に切らず、わざと手捻り感があるよう少し波を打ったままにしています。

この状態で1日以上置いてやや硬くなったところで、削って模様を出しますが、その結果は後日紹介の予定です。

« H23.12.1の出来事 | トップページ | 関宿~志摩~伊勢をぶらりと・・(その1) »

趣味」カテゴリの記事

陶芸」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/541084/50785858

この記事へのトラックバック一覧です: 2011年2月最初の教室:

« H23.12.1の出来事 | トップページ | 関宿~志摩~伊勢をぶらりと・・(その1) »

2018年4月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

ウェブページ

無料ブログはココログ