最近のトラックバック

  • 犬山城 (青春18切符で行く,日本の「城」巡り34)
フォト

« ぶらっと高松冬のまつりへ~中央公園 | トップページ | 皆既月食は全く見えません »

素焼きが済んだので、釉薬をかけて本焼成です

 素焼きの済んだものが沢山たまったので、釉薬をかけて本焼成の準備をし、夕方SW-ONの予定です。(友達から焼成を頼まれたものが大部分です)

20101220素焼きの場合は、作品同士がくっつかないため、重ねて焼くことができますので、素焼き2回で本焼き3回分くらいになります。

今回は、藁灰釉を全面に掛けたものに、黄瀬戸釉と織部釉をスポイドで重ね掛けしたものが沢山あります。(思ったように焼ければいいのですがね)

それ以外には、2種類の色の違う粘土を混ぜて本体にマーブル模様を出したものがありますので、これには透明釉を掛けます。

藁灰釉薬は灰で真っ黒ですのでゴム手袋をしていないと、手が真っ黒になり、洗い流すのに一苦労です。 

3時間ほどかけて釉薬掛けが終わり、少し乾燥させてから窯入れです。効率よく焼けるよう、作品の高さを揃え、配置を考えながら、釉薬が流れだしそうな作品の下には道具土をくっつけて、棚板から少し浮かせます。そうしないと棚板にくっついて後が大変です。下手をすれば、棚板も作品の駄目になります。アルミナペーパーというのもありますが、道具土の方が確実で安価です。 アルミナペーパーの場合流れた量が多いと、やはり棚板にくっつく場合があります。 

夕方くらいにSW-ONの予定で、明朝900度Cくらいになっており、焼きあがり(SW-OFF)は明日午前中の見込み。 窯の蓋が開くのはさらに2日後ですので23日の予定です。結果は後日このブログで紹介するつもりです。 素焼きの済んだ作品はまだ沢山ありますので、今年はもう一度焼かないといけないかなと思っております。 今回は残念ながら、本焼成ですので、先日紹介した焼き芋はありません。

« ぶらっと高松冬のまつりへ~中央公園 | トップページ | 皆既月食は全く見えません »

陶芸」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/541084/50352052

この記事へのトラックバック一覧です: 素焼きが済んだので、釉薬をかけて本焼成です:

« ぶらっと高松冬のまつりへ~中央公園 | トップページ | 皆既月食は全く見えません »

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

ウェブページ

無料ブログはココログ