« 苔寺(西芳寺)へ40年ぶりに行ってみました | トップページ | 素焼きの余禄(?)です »

12月最初の土曜日の作品は?

20101204 2010年も早いものであと1ケ月、そろそろ来年の展示会用作品も考えなくてはなりません。 と、思いつつ、本日も教室へ顔を出し、いつもの通り、轆轤を回して、鶴首の一輪ざしを作ってみました。(左)

このままある程度乾かして、底(高台)の部分を仕上げますが、どのような模様にするのか思案中です。

釉薬で模様をつけるのか、焼き締めて偶然の模様が出るようにするか、はたまた、模様を彫り込んでみるのか・・・・まあ、結果は明日のことですがね。

先日来彫りこんでいる模様は、今回の鶴首の一輪ざしに適用しないこととします。

写真の右の作品は、先週教室で作った作品を削り、模様を彫りこんで、化粧土で色をつけたものです。 今回は、白と黒の化粧土だけにしてみます。 素焼きした後、釉薬をかける部分と焼きしめる部分と分けてやくことを考えています。

結果は、どのようになるのかわかりませんが・・・・

夕方から、素焼き開始しました。 予定では、夜半に完了し、窯の温度は、明け方ころには300℃くらいに下がっているはずですから、朝早く起きて、窯の余熱で焼き芋を作る予定です。(アルミホイルに包んで窯に入れ、約45分くらいでおいしい焼き芋が完成のはずです)・・・結果は次のブログで紹介します

« 苔寺(西芳寺)へ40年ぶりに行ってみました | トップページ | 素焼きの余禄(?)です »

趣味」カテゴリの記事

陶芸」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/541084/50209659

この記事へのトラックバック一覧です: 12月最初の土曜日の作品は?:

« 苔寺(西芳寺)へ40年ぶりに行ってみました | トップページ | 素焼きの余禄(?)です »

2018年4月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

ウェブページ

無料ブログはココログ