« 大洲城は思ったよりも立派だった | トップページ | 今日の教室では、お皿?鉢?・・・深めの皿を作りました »

灸まん美術館に行ってきました

善通寺の灸まん美術館のギャラリーで陶芸仲間の通っている教室の展示会が開かれているので、覗いてみました

Img06備前焼の教室ですので、釉薬はありません。

焼しめ、火襷、牡丹餅などと自然釉の窯変による模様が主です。

大きく立派な作品があったので作者名を見てみると講師の先生の作品でした(写真右)。

生徒さんの作品では、お正月も近いため、来年の干支のウサギの置物(小物)のいろいろな形のものを皆さん展示していました。ユニークな形のウサギ、面白い顔をしたウサギ、ウサギの20面相などです。

あとは、お茶道具の水指と花入れ、掛け花入れ、花器などが並んでいました。

Img02 Img01 Img04 Img03皆さんの作品をみていると自分の作品のヒントにもなりますので、大いに参考にさせていただいています。

この後の予定もなかったので、ゆっくりと見せていただきました。

« 大洲城は思ったよりも立派だった | トップページ | 今日の教室では、お皿?鉢?・・・深めの皿を作りました »

陶芸」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/541084/50291253

この記事へのトラックバック一覧です: 灸まん美術館に行ってきました:

« 大洲城は思ったよりも立派だった | トップページ | 今日の教室では、お皿?鉢?・・・深めの皿を作りました »

2018年2月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28      

ウェブページ

無料ブログはココログ