最近のトラックバック

  • 犬山城 (青春18切符で行く,日本の「城」巡り34)
フォト

« 陶芸仲間のKさんの作品展示会の案内がきました | トップページ | 苔寺(西芳寺)へ40年ぶりに行ってみました »

11月最後の教室で轆轤を回して

11月最後の教室。

先日来取り組んでいるイメージの作品の続きで、少し大きい作品を作るつもりで、轆轤を回しました。

20101127今回は、筒状の作品にしました。

この半年は、粟田土と再生した土ばかり使っていたため、淡赤土は購入時の梱包したままでしたが、購入後約1年経過していたため、やや硬くなっており、まず均一な硬さに土をこねることから始めます。

土をこねるのは体全体を使いますので、真夏ですと汗だくになりますので、これからの時期は、ぴったり適しています。(メタボ体系にはいい運動になると思ってこねていますが・・・)

よく捏ねて、均等な硬さのにし、空気がはいらないように練ってから、轆轤を回して好みの高さまで引き上げ、教室での作業は終わりです。

この後家に持ち帰り、2日ほど置いて少し乾燥したら、表面を削り、さらに模様を彫りこんでいきます。(後日紹介予定)

これとは別に先日来こつこつと(?)作って来た作品がそろってきました。(写真下)

20101127花入れの形を少しづつ変えたもの、本体の土が白土と赤土のもの、茶わんなど全部で5種類できました。

後はよく乾燥させて、素焼き→施釉→本焼きの順に実施していきます。

完成予定は、年末ころかなあ?(影の声・・・思い通りにうまく焼けるのですかねえ?)

« 陶芸仲間のKさんの作品展示会の案内がきました | トップページ | 苔寺(西芳寺)へ40年ぶりに行ってみました »

趣味」カテゴリの記事

陶芸」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/541084/50144985

この記事へのトラックバック一覧です: 11月最後の教室で轆轤を回して:

« 陶芸仲間のKさんの作品展示会の案内がきました | トップページ | 苔寺(西芳寺)へ40年ぶりに行ってみました »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

ウェブページ

無料ブログはココログ