最近のトラックバック

  • 犬山城 (青春18切符で行く,日本の「城」巡り34)
フォト

« 11月最後の教室で轆轤を回して | トップページ | 12月最初の土曜日の作品は? »

苔寺(西芳寺)へ40年ぶりに行ってみました

紅葉の季節、京都の西芳寺(苔寺)に行ってきました。

新入社員のころに行ったことはあるのですが、その頃は自由に拝観できましたが、今は往復はがきで前もって予約しておかないと見学できません。また、拝観時間もお寺側から指定され、その時間に行かないと拝観を断られます。

拝観料も、京都の他のお寺は大体500円ですが、ここは3000円と高額です。その代わり写経がセットされています。

所定の時間に何とか間にあって、拝観することはできましたが、予約ハガキを持ってない方は受付の係の方に拝観を断られていました。

まず本堂へ行き、そこで写経をします。机(?)はA3くらいの大きさしかありません。すずりと墨は机の横(床)に置いています。墨を時々すりながら、般若心経を移していきます。木本が乗ってきた頃、後ろの人の文鎮が私の右足の親指に落ちてきました(巻き爪になっている部分です)痛い・・・。再度気持の入れ替えです。約40分くらいかけて写しおわり、本尊の前に置いて願い事がかなうようお願いしました。(お願いしたことはヒミツです)

そのあと、庭の鑑賞です。 苔の上に散った紅葉もまたおつなものです。散りすぎると苔がみえなくなるので、3人の方が竹ぼうきで掃除をし、除いた紅葉は、竹林の中に積み重ねていました。(腐葉土になり筍のために良いのでしょうね)

予約制ですので、他のお寺のように拝観者がわんさかいるというわけではないので、ゆっくりとマイペースで鑑賞することができました。

そのあとは、隣の竹の寺”地蔵院”に立ち寄って帰途につきました。苔寺隣の鈴虫寺は入り口から拝観者の長い行列が続いていたので次回以降に持ち越しです。

2010112620101126_320101126_5

201011263_3 20101126_9        201011265

20101126_10 20101126_11 苔寺への道、苔寺庭園内、最後は地蔵院の紅葉です。

苔寺の苔は、晴天が続いていたようで、水が枯れかけているような状態でした。

最後の写真は、地蔵院です

写真でもわかるように、京都嵐山近辺は紅葉真っ盛りといった感じですので、高速の混雑を覚悟していたのですが、嵐山から少し南に下ったところにあっる苔寺近辺は思ったほど混雑もなく、拍子ぬけでした。

« 11月最後の教室で轆轤を回して | トップページ | 12月最初の土曜日の作品は? »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/541084/50166033

この記事へのトラックバック一覧です: 苔寺(西芳寺)へ40年ぶりに行ってみました:

« 11月最後の教室で轆轤を回して | トップページ | 12月最初の土曜日の作品は? »

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

ウェブページ

無料ブログはココログ