最近のトラックバック

  • 犬山城 (青春18切符で行く,日本の「城」巡り34)
フォト

« 釉薬をかけます | トップページ | 熊野古道を歩いてみました »

2010年9月の本焼成結果

2010年9月の本焼成が終わりました。

魚の象嵌や釉薬の重ね掛け、さらには初めての氷裂釉の使用などしてみましたが、結果は写真の通りです。

20100930 20100930_2左の2つはは飴釉と藁灰釉の重ねかけです。先に飴釉を掛け、その後、藁灰釉をかけます。

掛ける順番を間違うととんでもないことになります。 釉薬が流れてしまって棚板にくっつき、棚板の補修が大変です。

20100930_4 つぎの写真は、白粘土に、緑の着色剤を練りこんでみました。ごく少量ですが、薄い緑色に仕上がっています。

着色剤の割合を替えていくとだんだん濃くなりますので、濃淡を使い分ける事とします。また、赤や青などの着色剤にも手を出してみることにします。

象嵌で描いた魚については、まあまあうまくできたと思います(自画自賛) 。 今後は線象嵌だけでなく面象嵌にも取り組むこととします(粘土は収縮率が同じ程度の物を使わないと剥げる恐れがあります)。

20100930_5 20100930_6

また、今回信楽の白粘土を埋め込んだ魚にも着色剤を練りこんだ粘土を使って見るのも一考ですね。

その次は、氷裂釉薬を掛けてみたのですが・・・失敗しました。

20100930_7厚く掛ける必要があるとのことで、厚くかけてみたのですが、厚すぎたためかかいらぎ釉を掛けたような斑模様になってしまいました。(これはこれで味があるか とでも考えましょうかね)

20100930_8

« 釉薬をかけます | トップページ | 熊野古道を歩いてみました »

趣味」カテゴリの記事

陶芸」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/541084/49606927

この記事へのトラックバック一覧です: 2010年9月の本焼成結果:

« 釉薬をかけます | トップページ | 熊野古道を歩いてみました »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

ウェブページ

無料ブログはココログ