« さかなの象嵌第2弾です | トップページ | 大皿作りに挑戦し、象嵌で模様を・・ »

福井へ気分転換に行ってきました

9月12日~13日と以前から気になっていた永平寺に行ってきました。

JRで福井まで行き、京福バスの永平寺・東尋坊2日間フリー切符を使い、まず永平寺へ向かいます。 バスのほかにも”えちぜん鉄道(電車)”で行く方法があったのですが、何年か前の台風(?)で永平寺口から永平寺門前までの鉄道の橋げたが流されこの路線が廃線になったため、バスの方が便利だからです。

20100912 永平寺では、20100912_2 まず中の観覧上の説明を受け、観覧の→に沿って見ていきます。

天井絵や大きな木魚、特大の数珠、すりこぎ(写真右)など、すべてが回廊でつながっており見学しやすくなっていました。

そこかしこが全て苔で覆われており、直前に雨が降ったようで、緑の苔が際立っていました。

永平寺は紅葉の季節や雪に覆われた冬の景色もきれいだろうと思われます。

20100912_3 20100912_4 この後、今夜の宿”芦原温泉”へバスで移動しますが、途中丸岡城に立ち寄りました。

日本最古(?)の天守閣とのこと。 登ってみましたが、城の内部の階段の急なこと75度以上はあると思える梯子を登るようなもので、手摺のほかにロープが備わっていました。また、屋根瓦は石瓦(写真右)です。石を瓦の形に加工しています。(相当重たいだろうなあ)

つぎの日は、芦原温泉から東尋坊へ行き福井へ戻り、徳川家康の長男、結城秀康の福井城址と柴田勝家の北の庄の城址などを見てから帰宅しました。

ここ福井城の天守閣跡に行くと石垣が歪んでいる個所が残されており昭和初期の福井大震災の跡だということでした。また、大きな堀に囲まれた石垣の中には県庁と県警の大きな建物が建っており何とも無粋なあり様でした。まだ建物がない方が景色はいいのに・・・・江戸時代はお城は政治と警備の中心であったから県庁と警察をおいたのかなあ・・・

« さかなの象嵌第2弾です | トップページ | 大皿作りに挑戦し、象嵌で模様を・・ »

城、城跡」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

趣味」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/541084/49447208

この記事へのトラックバック一覧です: 福井へ気分転換に行ってきました:

« さかなの象嵌第2弾です | トップページ | 大皿作りに挑戦し、象嵌で模様を・・ »

2018年9月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

ウェブページ

無料ブログはココログ