« 2010年6月 | トップページ | 2010年8月 »

2010年7月

グループの作品展終わりました

20日の火曜日から開催していた私たちのグループの作品展(第16回研陶酔会展)が無事終了しました。  猛暑の中お越しいただき、ありがとうございました。  おかげさまをもちまして多くの方にご来場いただきまた、貴重なご意見などを賜り、本当にありがとうございました。

以下の写真は、今回の出品作品です。

2010072501_2 2010072502_2 2010072503_2

2010072504_2 2010072505

2010072506 2010072507 2010072508 2010072509 2010072510

2010072511 2010072512 2010072513 2010072514 2010072515 2010072516 2010072517 2010072518 2010072519 2010072520 2010072521 2010072522 2010072523 2010072524 2010072525 2010072526 2010072527

グループの作品展始まりました

平成22年度のグループ作品展が始まりました。

毎年今の時期に、高松市丸亀町のヨンデンプラザ高松(1階ギャラリー)で開催しています。出展者は、30歳代から90歳代まででいろいろな年代の方がいます。(年配の方が多く、もっと若い方に参加してもらいたいというのが、小生の想いです)

20100720 20100720_2

作品も、小物~大作、食器や花器、花入れなどいろいろありこの1年間に、教室でワイワイガヤガヤいいながら作ってきたものです。

近くに来た時に立ち寄っていただければ幸いです。

なお、会場にお越しいただき、芳名録に記帳していただいた方に、次の粗品を差し上げています。 どれになるかはくじ引きですのでわかりません ①ぐい吞み ②カニの箸置 ③イカの箸置 ④木の葉の箸置 ⑤ヒラメの箸置 ⑥その他 

毎年来ていただくと食卓の小物がそろってきます。(ちなみにこれまでに ①ヒラメ ②アンコウ ③エンドウ豆 ④子犬 ⑥金魚 ⑦ムツゴロウ ⑧カニ ⑨イルカ ⑨ぐい飲み などです)

* 2個目からは、ギャラリー銀座に展示していますのでよろしく・・・・

  

アルペンルートは・・・雨だった

夏休み前、梅雨時にも関わらず、アルペンルートへトライしてみました。

案の定、出発日は雨、この日は大町温泉で宿泊、宿は満員(年配の団体さんばかり・・自分もですが)。 翌日起床時は小降りで空も明るくなりつつあったので期待して、宿を出発。(天気予報では、雨で石川、富山、岐阜には大雨警報が出ていました)

まず、大町から扇沢へ、ここで関電トロリーバスに乗り換えて黒四ダムに行きます。

扇沢駅の係員さんのユニークなこと、お弁当やお土産の販売の口上ですが、待ち時間もあっという間に過ぎていく感じでした。(実際に聞いてみるのが一番です)

扇沢では雨が降っていましたが、ダムでは陽がさしており、堰堤付近や展望台あたりをぶらぶらすることができました。

20100712 本来の目当てであるダムからの放水は、雨で黒部川の水量が増加しているとのことで、残念ながら中止でしたが、やはり大きなアーチ式のダムです。 折角、春先の雪の大谷ウオークをやめて放水を見ようとしたのに・・・でも雨が降っていないだけ”よし”とするか・・

次は、黒部ケーブルで黒部平を目指します。

駅は堰堤の左岸のトンネル部分です。 ここでも待ち時間に係員の方の説明があり、これまたユニークな面白いものでした。 その中にケーブルカーですが全てトンネル内ですので、何処に乗っても景色は同じですとの説明あり。(その通りでした。 通路に立った時、隣に来たおっさんが酒臭いのには閉口した。満員なので移動することもできません) 黒部平に到着するとガスと小雨で視界は時折見渡せる程度。

20100712_2左の写真は、風で急に視界が広がった立山連峰ですが、上の方は雲で見えません。

まだ雪もあちらこちらに残っています。

20100712 つぎの写真は、黒部平から赤沢岳(長野県側)を見たものですが、ガスが掛かっておりよく見えません。天気が良ければ、案内パネルのように見えるはずです。 このように見えたら、感激でしょうね。

次に、立山ロープウエーで大観峰へ移動します。乗る時小雨が降っていましたが、乗っている間強い雨になり周りは全く見えません。でも風はなく揺れませんでした。

20100712_6 左の写真は、大観峰から黒四ダム湖を望んだものです。この時だけ急に視界が開き、ダム湖を望むことができました。 でも、その1~2分後ガスがでて見えなくなりました。(ここは富山県なので、天気予報の警報が出ていることを考えると上出来ですかね)

次は、このアルペンルートの最高地点(2450m)の室堂です。立山トンネルトロリーバス利用で到着です。

20100712_2  案の定、外は雨、雲の中で全く周りは見えません。この雨の中でも登山の格好をした人が入山届を出して外に出ていきます。雨が止んだ時に外に出てみたのです20m先が見えないくらい雲の中です。 この辺りは、天気が良いと雷鳥が時折見えるそうです。(もちろんこの日は全く駄目)

左の写真は、室堂に来たぞという証拠写真ですかね。雨の中何か屋外にないか捜したら、風でガスが少し晴れた時、立山玉殿の湧水という記念碑があったので、写真に残したものです(水は冷たかった~) この写真を撮った後、大粒の雨に見舞われました。

これからは下りです。室堂から高原バスで美女平まで降りて行きます。途中雪の大谷の回廊のところを通ったのですが、まだ5m程、雪が残っていました。(バスの屋根よりも2mくらい高かったのでそんなもんでしょう)。 途中全長350mという日本一の落差を誇る4段の称名滝が見えるはずなのですが・・・やはりガスでなんにも見えません・・・そうこうするうちに美女平に到着。 最後は立山ケーブルカーで立山駅まで下りていき、琴参バスに乗り替え一路家路へ向かいます。

途中多賀SAに立ち寄りましたが、大きく綺麗に変貌しており、ショップも各地のお土産や弁当などが所狭しと並んでいました。

20100712_8 その中で”ひこにゃん”の饅頭が目についたのでお土産の購入(アルペンルートに行ったのに、彦根の土産とは・・・) 後から考えると1個○○○円以上、きっとデザイン料が含まれているのでしょうね。

・・・・次の 箸置の新作の参考にしようかな・・(影の声→気をつけないとデザイン盗用になるぞ)

 

2010年7月本焼き完了

先日(6日)窯のSW-ONした結果ですが、まあ、思った通りに焼きあがりました。

今回は、頼まれた分が多かったので、自分の分は少なかったのですが、その中のいくつかを紹介します。

20100708直径28cmの飛び鉋の作品(皿)です

生乾きの時に、皿の表に白化粧土を刷毛でぬり(白い部分の濃淡がつくようにします)、その後1日程おいて飛び鉋で模様をつけます。 その後、真ん中辺に筆で青の化粧土を置いていき、点々の模様をつけます。

完全乾燥後、素焼きし、皿の外側は飴釉をかけ、。内側は透明Uを掛け、完全乾燥後、本焼きしました。

20100708_2 次の2つの作品は、先日から作っている粘土版を貼り付けたものです。

上の作品は、飴釉薬と藁灰釉をかけ分けたもので、重なったところが趣のある景色になっており、やや真ん中が高くなるよう作っています。

201007082_3 次の作品もやはり、伸ばした粘土版を貼り付けた作品で、まず立方体を作り、高台部分と花や水の入り口を作ります。

その後、表面に彫りこみ、模様をつけ、完全乾燥後、素焼きし、飴釉をかけ本焼きしたものです。

これら作品は、7月20日から25日まで、丸亀町ヨンデンギャラリーでの研陶酔会作品年に出品します。(

参議院選の期日前投票にいってきました

7月11日の参議院選挙都合により当日投票に行くことができないため、期日前投票に行ってきました。

実施方法は非常に簡単になっており、昨年の衆議院選挙から期日前投票の割合が上がっているそうです。

場所は、市役所の11階会議室、住所、氏名、電話番号、期日前投票の理由を書き、事前に送られてきていた投票所入場券と一緒に係員に渡すと、PC端末で名簿をチエックします。その後、選挙区選挙の投票用紙をもらい、候補者の名前を書き、投票箱へ投函。

次に比例区の投票用紙をもらい、候補者または政党名を書きます。(あれ、だれだったかな?・・・一寸考えフルネームで記載し、投票箱へ投函して終わりです。(これで今回も棄権せずに済んだ・・・ちなみにまだ一度も棄権したことはありません)

期日前投票ということで、いつもの投票所で見られる”出口調査”の方はいませんでした。

投票所には、同年代の夫婦連れや車いすを押してもらってやってきた年配のかたなどでごった返していました。 (当日行けない人が沢山いるのだなあと、思った次第です)

これで、7月11日の夜の開票速報が楽しみです。

展示会(7/20~)作品の本焼成(最終)

7月20日からのグループ作品展(第16回研陶酔会作品展)に向けて、最後の本焼きです。先日、たたらで伸ばした粘土版を貼り付けて作ったサイコロ型の花入れ(香合にもなります)と、とびカンナで模様づけしたお皿と掛花入れ2個ですが、それ以外に依頼された友達の分が沢山あります。

20100706 早朝6:00 SW-ON しました。 焼成完了予定(電源断)は 24:00ですが、窯が冷めるのを待って、結果は明後日です →(蓋オープン予定8日夕方)

今回は、飴釉と藁灰釉と両者の重ね掛けが主ですが、一部鞘鉢に作品と木炭を積めての焼き締めもあります。

20100706_2 SW-ONした後、暇ですので、先日と同じ、たたら作りの2個目を作ってみました。今回は入り口を前回分よりも大きめにしてみました。

« 2010年6月 | トップページ | 2010年8月 »

2018年4月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

ウェブページ

無料ブログはココログ