最近のトラックバック

  • 犬山城 (青春18切符で行く,日本の「城」巡り34)
フォト

« 第16回研陶酔会作品展のご案内 | トップページ | たたらで花入れを! »

2010花紀行10長慶寺と高野山

6月21日 20100621A旅行社のツアー参加ポイントが10ポイント貯まり、無償で日帰りバスツアーに参加できることとなったことから、その旅行社の数ある日帰りツアーの中から“天空で行く高野山”を選びました。

20100621_2 このツアーは、泉南市のアジサイ寺として有名(?)な長慶寺の詣で、その後南海電鉄のこうや花鉄道”天空”に乗って高野山へ行くものです。

アジサイはちょうど花盛りでしたが、これくらいの量であれば、最近はあちこちにあると思うくらいでした。(まんのう国営公園のアジサイの方が量も種類も多いかな)

そのあと、南海電鉄の学文路(かむろ)駅から天空に乗ります。

20100621_3 201006 この駅の入場券は、漢字で書くと、学文路入場券となりますので「学問(文)の路に入る」という読み方ができることから、受験生の縁起かつぎに人気があり、毎年記念の入場券を売り出しているそうです。

また、“天空”は全席座席指定で、座席が谷側にむいており(背中側は山側で見えるものは、ほとんどが線路わきの法面だけ)、景色を見ながら、登山鉄道ですから、終点の極楽橋まで急こう配を、えっちらおっちら登っていきます。

終点の極楽橋からはケーブルカーです。高低差約330m距離830m最も勾配のきついところは1000mで563m上がるという563パーミルもある急こう配を登っていき(崖を上っているようです)、着いたところにバスが待っており奥の院まで運んでくれます。(私がこれまで利用したケーブルで最も急こう配でしたが、日本一は東京都の高尾ケーブルのようですが、高尾ケーブルは高低差271m距離1020mできついのは最後の少しだけですので余り急こう配とは感じないとい思います。しかし高野ケーブルは最初から30度くらいあって最後までほぼ同じ勾配のように感じましたので、今のところ私の中では日本一です)

奥の院に至る途中には、豊臣秀吉、前田利家、結城秀康、など戦国武将~江戸時代の大名の墓地やパナソニック、シャープ、トヨタ、ヤクルトなど企業の墓地もあった。また、花菱アチャコやロケットの明和工業もあり、福助足袋は福助人形など、トレードマークを形にしたものも多くありました。(全部ゆっくりと見ていったら○○時間はかかるかな?)

(奥の院は、梅雨時の山の中ですから 藪蚊が多く、じっとしているとすぐに刺され痒くてたまらないので、どんどん動いていくしかありません。次行くときは、長袖のシャツと虫よけスプレーでも準備していこうかと思います)

« 第16回研陶酔会作品展のご案内 | トップページ | たたらで花入れを! »

旅行・地域」カテゴリの記事

趣味」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/541084/48693274

この記事へのトラックバック一覧です: 2010花紀行10長慶寺と高野山:

« 第16回研陶酔会作品展のご案内 | トップページ | たたらで花入れを! »

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

ウェブページ

無料ブログはココログ