最近のトラックバック

  • 犬山城 (青春18切符で行く,日本の「城」巡り34)
フォト

« 2010年3月 | トップページ | 2010年5月 »

2010年4月

2010年のGWは・・・作品づくり

今年もGWがやってきました。

私は、GWは動きません。なぜかというと ①何処に行っても人がいっぱい ②道路が混んで予定通りに進まない ③宿泊費が高い ④動こうと思えば、いつでも動ける。

このため、焼きものづくりに精を出します。まずは、7月のグループ作品展に来ていただいた方にお渡しする小物作り(目標200個) 次には、頼まれている作品の焼成などです。

昨日貯まっていた作品の本焼きをしました。

20100430 20100430_2  20100430_5写真は今回本焼きした分の一部です。これ以外にも沢山あったのですが、同じグループの方から頼まれた分ばかりなので、ここでは紹介できません。

今回紹介している一番左の分は、上から右回りに斜めに模様を彫りこんでいます。真ん中は鶴首ですがこれも同じように斜めに模様を彫りこんでみました。違うのは透明の釉薬をかけたかどうかです。釉薬をかけると真ん中のように濃い緑になります。残りは以前素焼き前に紹介した分で、今回其れを炭化し焼きしめしたものです。花があうと思いませんか?

2010花紀行6(FFP&花さじき)

神戸へ行く用事があったので、ついでにフルーツフラワーパークと淡路花さじきに立ち寄ってみました。

Photo神戸フルーツフラワーパークは、好天にも恵まれ、多くの人出でいっぱいでした。 チューリップはまだ8分咲き程度、ポピーも同じ程度、ゴールデンウイークがちょうど見頃ぐらいかな? の感じでした。

温室もあったのですが、中は全くだめで温室については見る価値なしです。 屋外のリンゴとナシの花が満開で見頃です。 広場ではフリスビー犬の大会をしていました。うまくキャッチする犬もいればすぐに落とす犬も。フリスビーを投げるのもうまく投げないと・・・・ 足の短いコーギーも参加し頑張っていました。

Photo_2 Photo_3 Photo_4

帰途立ち寄った淡路島の高台にある花さじきでは、ポピー、金魚草、紫大根、菜の花などが満開で、ここも観光バスなどが止まっており、多くの人出でにぎわっていました。

話は変わりますが、淡路島大橋をわたりきって淡路SAの手前で覆面パトカーにつかまっている車がいましたが、なんと覆面パトカーがセルシオでした。高速道路でセルシオを追い抜くときは気をつけないと・・・・(前に男2人が乗っている場合はね・・・)

2010花紀行5(新庄村)

今年の春の桜シリーズの最後として4月20日に、岡山県新庄村の凱旋桜を見に行ってきました。 あいにくの雨でしたが、散り始めくらいでしょうか、ちょうど見頃でした。一昨日の日曜日には、がいせん桜まつりが催され、人口1000人の村に50000人の人出があったとのこと。平日の雨の日ですから、そんなには人はいませんでしたが、駐車場はほぼ満杯でした。

Dvc00066 Dvc00068 Dvc00070_2 旧出雲街道の宿場町、新庄村の“がいせん桜”は、明治39年に、日露戦争の勝利を記念して植えられたもので、約500mの通りの両脇に約130本のソメイヨシノが植えられています。

一般的にソメイヨシノの寿命は、70年程ともいわれており、古い株が多く傷みも激しいため、現在、ビートモス充填法という、新しい樹勢回復治療で、桜の延命治療が始められています。

 この治療法は、食物繊維のビートモスを幹の巻きつけ布のようなもので包帯を巻いたようにしています。 この包帯のようなものを除いた道は、幹の途中から根が張ってきて土中に根を延ばしており、樹勢が回復しているように見えました。

桜の植わっているわきには小川(水路)があり水が流れていて、わさびが植わっていました。(わさびを取らないでください・・との注意書きがあったのでわさびというのがわかりましたが、信州や伊豆のわさび田に植えられているのとは少し違っているようでした)

帰途、中国道で覆面パトにつかまっている車があり、気を引き締めて注意して安全運転(?)で帰宅した次第です

2010花紀行4(世羅高原:広島)

4月19日例年なら満開のはずの芝桜を見に広島県の世羅高原にまで足を延ばしてみました。この地域は芝桜をはじめチューリップ、菊桃(花)、ラベンダー、藤などが高原一帯に広がっているとのことですが、今回はチューリップと菊桃と芝桜です。

20100419 20100419_10 20100419_4 チューリップは先週の寒波の影響でまだ咲き始めといったところでしょうかね  品種によってはすでに終わっているものもありましたが・・・・ 珍しい種類も多くこれがチューリップ?と思うようなものもありました。 来週くらいには満開になると思います。代わりにムスカリという紫の花と菜の花が満開でした。(入り口で車で見に来たおばちゃん曰く、なんぼ入園料割り引いているいうたかて、チューリップ見に来たんやから、これではただでないとあかんで~)

20100419_3 20100419_5 20100419_12 次に行ったのが、菊桃という桃の花です。花桃の種類で、花が菊のような形をしています。 満開ではありませんでしたが8分咲きくらいでしたかね。 満開になると壮観だと思います。

その次に行ったのが、当初の目的の芝桜です。

20100419_7 20100419_8 20100419_9 満開の部分もあり、まだこれからの分もあり、いろいろで、白と薄紫は満開近くでした。ここは花の咲き加減で入園料を加減していました。

九州の久留米から来ているツアー客もいました。バスの前に書いていたのが“芝桜とチューリップを見よう”と書いていました。

2010花紀行3(京都)

京都・平野神社のいろいろな桜(特に花弁が緑の桜)と原谷苑の紅枝垂れ桜、仁和寺の御室桜を鑑賞するバスツアーがあったので参加しました。

当日はあいにくの雨でしたが、開花のタイミングはばっちりで、緑の花弁の桜も紅枝垂れ桜も御室桜もちょうど満開でした。その代わり平日にもかかわらず、人もいっぱいでした。

20100412 20100412_2 201004121 写真のさくらは、平野神社の桜です。御衣黄桜、鬱金桜、白雲桜の順です。花弁が緑というのがわかりますよね。

平野神社には、これ以外にも珍しい品種の桜が沢山ありました。

円山公園の枝垂れ桜もここから出たそうです。

次に行ったのが、バスでは行くことの出来ない原谷苑です。

20100412_320100412_5 20100412_6 ここはバスで行くことはできません。道が狭くタクシーでも離合が難しいくらいの箇所がいくつもあるようなので、タクシーに乗り換えていきます。

また、ここの入園料は花の咲き具合や、曜日によって違うようです。(当日は1200円でした。休日は1500円、余満開近くでなかったら半額といった感じです)

園内に入ったら紅枝垂れ桜の真っ盛り。雨が降っていますので足元がぬかるんでおり注意しながら(上も下も見ながら歩かなくてはなりません・・大変でした)

最後に立ち寄ったのが、仁和寺の御室桜です。

20100412_7

京都に古くから“わたしゃお多福御室の桜、はなは低ても人が好く”という戯れ唄があるように、御室さくらは樹高が2~3mで花は足元から咲いています。そのため桜の下で花見とはいきません。

写真はその御室桜の間から仁和寺の五重塔を望んだものです。

2010花紀行2(高松空港周辺)

県の園芸センターの枝垂れ桜と空港公園の桜も満開でした。

20100406 昨日吉野山の満開の桜を見に行きましたが、地元の桜は・・・ということで県の園芸センターの枝垂れ桜と、空港公園の桜を見に出かけてみました。

昨日沢山歩いたことから、ふくらはぎが痛いため、坂の上り口で杖を借りてぼちぼちと歩いて上がってみました。一番大きな枝垂れ桜は、ちょうど満開。隣の桜はだいぶ散っていました。 写真の桜は一番大きな枝垂れ桜ですが、大きさは土手の上に人がいるので対比していただけたらよくわかると思います。

この枝垂れ桜は土手の下にあるため、土手の上からも鑑賞することができます。見学の方も沢山きていました。

20100406_2 左の写真は、空港公園の桜です。ここもちょうど満開です。桜の木の下では、さすがに平日の昼間ですので、年配の方やお子様連れの若いお母さん方ばかりでしたがお弁当を広げていました。

今週は小学校の入学式もあります。一時は開花宣言が早かったので、入学式までには散ってしまいうのではないかと思いましたが、先週の寒さで満開の時期が遅れ何とかのこっていそうですね。 やはり小学校の入学式には桜がないと絵になりませんよね。

2010花紀行1(吉野山)

4月5日月曜日、吉野山の一目千本を観に行ってきました。

20100405 桜のシーズンの土日は、ものすごい人出ということを聞いていたので、平日の月曜日を選んで出かけました。

下千本は満開、中千本はもう少しで満開、上千本は5分咲きくらいでした(奥千本はわかりません)

平日であっても、やはり凄い人出です。駐車場から大橋を通って、ロープウエイの山上駅の横を通って・・・下千本をめでながら中千本へ・・・さらに上千本と行くのですが、通勤時間帯の駅の中のような状態です。

この通り道の景色のよいところは、土産物店や食事どころがならんでおり、中に入って何かを頼んでゆっくり景色をめでるといった感じで、何かいやな感じです。とはいってもへ景色を見に来たので中に入ってコーヒーを注文して景色をゆっくりみたのですがね・・。

さらに、ずっと歩いて行くと五郎兵衛茶屋の付近が見晴らし台のようになっており、景色が良かったです。この辺はメインの通りから外れていましたので、少し人出は減っていましたが・・・・

ロープウエイも超満員・・一瞬定員オーバーかなとも・・・

大きな桜の木はもちろんのこと、まだ植えて間もない細い桜も沢山植わっており(当然古い枯れかけた桜もあります)まだまだ広がっていきそうな感じでした。

桜を見ながら、山道をひたすら歩いて歩いて・・・・(万歩計では約16000歩)ブログ記事を書いている今日現在、ふくらはぎが張っており、少し痛い・・・(やっぱり歳ですね)

20100405_2 20100405_3 20100405_4 20100405_6

« 2010年3月 | トップページ | 2010年5月 »

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

ウェブページ

無料ブログはココログ