最近のトラックバック

  • 犬山城 (青春18切符で行く,日本の「城」巡り34)
フォト

« 2009年10月 | トップページ | 2009年12月 »

2009年11月

箸置きを作ろう

20091129 今日は久しぶりに箸置きを作っています

まず、原形を白粘土で作り、 次に、石膏で型どりをします。 こうすると、同じものがいくつもでき、展示会の時の来場者の方への粗品としても使えますし、数個セットで販売(?)も可能になります(と思っているだけですが・・・)

今回は、写真にあるように6種類を作ってみました。

上壇左から、木の葉、ハゼ、アンコウ、鯛、下段左から、アオリりイカ、スルメイカで、自信作は、アンコウです。 いかがですか?

原形ができると、形が硬くなるまで少し乾燥させて(完全に乾いたら駄目です・・と思っています)、 牛乳パックの底に置き、上から石膏を流し込みます(石膏はDIYで売っている分です)。

石膏を水に混ぜるとき手早くやらないと固まってしまいます。

今回は少し失敗してしまいました。

牛乳パックを縦に2つに切り、そこへ原型を2個づつ入れ、原型と原型の間から石膏を流し込んだのが悪く、原型がパックの端っこに移動してしまいました。

20091130 原型の真上から流し込まないと原型が小さいので、わきからだと原型が動いて駄目なようで、石膏が固まってから牛乳パックをはずしてみると、案の定、原型が端っこへ動いており場合によっては原型から作り直しになりますが・・・・とりあえず、その状態で石膏を乾燥させて、使ってみようと思います。上段は、ハゼと鯛、中段は、木の葉とアンコウ、下段は、するめイカとあおりイカです。

完全に乾くまで、2~3日程外で陽にあてて置きます。

さて、石膏型の使い勝手はどうでしょう。 ・・・1週間後には使ってみますので、その時また公開の予定です? 

 

久々に岩国と秋吉洞に・・・

11月の16日~17日にかけ、岩国の錦帯橋、紅葉谷公園から山口の秋吉洞、秋吉台をまわり、長門湯本温泉の湯につかってきました。

200911_4200911_6  錦帯橋は、沢山の観光客であふれていました。川原の駐車場には観光バスが20台ほど、当然自家用車も沢山・・・

橋の通行料を300円払って対岸へ渡り、吉川公園から紅葉谷へ・・イチョウと紅葉がこれから見頃でした。

ここの公園近くには、白蛇の飼育センターがありますが、今回はパスしました。

その後、30年ぶりに秋芳洞に行きましたが、以前と様子が変わっており、車いすでも途中まで行くことができるように通路が広く平坦になっていました。

200911_8 それから長門湯本温泉に行く途中、白糸の滝があるということで、ナビを頼りに行きましたが、ナビが示した場所と大きく違っており、少し迷いましたが、どうにかたどり着きました。(山一つ違っていた・・・地図をあたらしくしなければいけないかなあ)

2段になっていますが、30mくらいの落差はあり、この日は水量も多く白糸というイメージではありません。

途中、秋芳洞の入り口までの土産物店のウインドウには、萩焼の作品が並んでいました。大きな作品があり、よく観察しておき、今度の県展の作品の参考にしようとおもいよく観察してきました(忘れないうちに作らなければ・・・・)。

玉藻公園の菊花展開催中

11月の10日 久々に玉藻公園とサンポートをぶらっとしてみました。

200911200911_3 市内の菊の愛好家の方たちの作品が並んでいました。

大輪の菊、小菊、懸崖の菊、盆栽仕立ての菊など様々。

一方、高松城は天守閣の石垣の修理中で、ようやく積み上げ始めたところで、一つ一つ番号順に復元しており、非常に手間が掛かっています。

天守閣の復元はいつのことになるのやら・・・・

11月最初はこの形を作って・・

今月は、このような形の花器を作ってみました。

20091108 今回は、黒陶に挑戦です。

形を整え、表面を磨きます。(右の作品は、つやが出ているのがわかりますか?)  大きさは、直径が17~18cm、高さも18cmくらいの大きさで、粘土は、淡赤土です。

生計が完了し、少し乾いたところで、表面を磨きます。竹べらのつるつるとしたところや、ビニール袋を作って表面をピカピカにします。 こうすると、黒く、つやのある表面になるはず(?)です。

ただし焼成は、窯がいっぱいになるまでしませんので、まだまだ先のこととなります。

« 2009年10月 | トップページ | 2009年12月 »

2018年1月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

ウェブページ

無料ブログはココログ