最近のトラックバック

  • 犬山城 (青春18切符で行く,日本の「城」巡り34)
フォト

« 2009年6月 | トップページ | 2009年8月 »

2009年7月

伊吹山に行ってきました

この時期、山頂駐車場から頂上までが花畑になる滋賀県の伊吹山に行ってきました。

朝から雨模様・・でも私は晴れ男なので(?)これを信じてトライ。

結果は・・・雨には降るれませんでした。駐車場まで下りてくるとガスで10m前が見えないよう状態になりましたが降られませんでした。

Photo_7 途中遊歩道は、ハイカーで混雑しており、さらに、花の写真を撮るカメラマン(最近は年配の女性の方が非常に多い)で三脚を立て、一心不乱に撮影していました。もちろん道の両側は、花畑です。(ルリトラノオ、コオニユリ、オオバギボウシ、ヒメフウロ、シモツケソウ、イブキトラノオなど沢山あります)

駐車場近辺から頂上は、雲に覆われていましたが、時折、日が差してきて暑くなったり寒くなったり・・・

Photo_3

Photo_6 伊吹山は、百名山の一つで、海抜1377m、  この日の気温は20度くらいで、下界(?)より10度くらい低いようです。したがって半袖の人や、長袖の人、ジャンパーを着用している人など様々でした。

Photo_4 Photo_5

写真は、西の遊歩道からですが、時折、風で雲が流れ、琵琶湖が望めました。1~2分もすると見えなくなります。

晴れていると、はるか遠くまで望め、とてもきれいだと思います。

グループの作品展が終わりました

2009年度のグループの作品展が無事に終わりました。

2009_07

200名を超える多くの方にお越しいただき、グループの皆さんが作った作品約140点を観ていただきました。 準備した粗品(ヒラメの箸置)は金曜日までにすべてなくなり、日曜日にお越しいただいた方にはなくなってしまい、もっと作っておく必要があることを痛感しました。 ご質問いただいた中で、“出展者の名簿を作ってほしい”・・次回作ることで考えてみます。

また、熱心に観ていただいた方には、どのようにして作ったのかなど質問をいただきましたが、本人がいない場合は、お答えできず残念です。

来訪者名簿に記入いただいた方には来年度の開催の時にご案内いたします。

何はともあれご来場いただきありがとうございました。

今年のグループ作品展始まりました

先日ご案内したグループの作品展(第15回研陶酔会作品展)を昨日7月21日から高松市のヨンデンプラザで開催しています。(7月16日日曜日16時まで)

私も今年度は趣向を変え、これまでの食器、花器などではなく、陶器人形を作って展示しています。

15 ”楽しき仲間”ということで6体の人形を作ってみました。

ピアノ、トランペット、サキソフォン、コントラバス、ドラムを担当する男たちと、ボーカルの女性という組み合わせです。

15_2 展示場所が広いため全部一度に写そうとすると、写真のように小さくなってしまいました。ちょっと見にくいですね~

それぞれ、15cm程度の高さがあります。別の写真は製作途中のものです。

近くを通りかかったら、時間つぶしにでも覗いてみてください。

先着200名様には、ぐい飲み、または箸置きのプレゼントがあります(ホントの粗品です)

また、今日7月22日は皆既日食だったのですが、悪石島や屋久島では雨で見えなかったようですが、当地高松では曇りで時々陽が差していましたので、雲がフィルターのようになり太陽が欠けているのが見えました(85%くらいの部分日食ですが・・・)。 

次の皆既日食は20年以上後ですが、それよりも金環食が2012年5月21日にあります(九州南部から東北南部にかけて見えるそうですよ。金環食だから、皆既日食のように太陽が月の影に完全に隠れるのではなく、太陽本体の周囲が残るのでしょうね。こちらのほうは5月ですから梅雨の前で五月晴れの時ですかね・・・期待しましょう(でも早朝みたいですよ)

ラベンダーが見ごろ!

ラベンダーがそろそろ見頃かと思い、蒜山のハーブガーデンに行ってきました。

写真はハーブガーデンの全景(畑の上から見たところ)で、遠くに蒜山三座が望めます。

かんかん照りで暑かった・・・ 観光バスも何台も来ていました。

20090713

暦の上では、梅雨真っ盛りというのに、雨も降らず、猛暑日が続きそうなこの頃ですが、高松では例年のごとく給水制限が始まり、このままではどうなる事やら・・・ 陶芸をする者にとっては、俗にいう泥こねですから、水を使いますので心配です。

Dvc00099 ところで本題のラベンダー、満開の種類もあれば、これからのもあるということでこれからしばらくの間は見頃です。

帰りは途中、有漢ICで一旦高速を降り、常山公園の石の風車を見てきました。

20090713_2 風車といっても、風で回るのではなく、石で造った風車をモーターで回しているのですがね・・・

大小いくつもの風車があり、行ったときは4基がいろいろな速度で回っていました。写真の分は直径2mはあります(比較するものを置いとけばよかった)

ETCの特別割引はこの間までは、平日昼間は、100kmまでなら3割引、100kmを超えると割引なしでしたが、この7月8日から制限が緩和されて、100km」を超えていても、100kmまでの分を3割引するようになっています。・・・知っていましたか?

グループの作品展が開催予定

7/21(火)から7/26(日)の間、ヨンデンプラザ高松(丸亀町)で、私の属している、やきもの好きグループの作品展示会を開催します。

15_2

グループの名称は、研陶酔会・・・自分の作品に酔いしれる会かな? 

老若男女の集まりで、女性の比率の高いグループです。最年長は米寿です。 さすがに白寿はいません。したがって、私は、若手(?)になります。

もちろん、指導していただいている先生(紀太理光さん)の作品もあります。先生は、お茶をしている方はご存知の方で、さぬき市のJR神前駅近くで工房(富田焼吉金窯)を開いています。 

丸亀町近辺にお越しの時はぜひ、ヨンデンプラザにお立ち寄りいただき、作品について、ご意見等を頂ければ幸いです。

2009年7月度本焼き結果は?

200907_3 2009年7月度の本焼きの結果です。

窯のふたを開けてみると左の写真の通りで、まあまあの出来です。

釉薬を重ねた部分が流れ景色になるかと思いましたが思ったほども流れませんでした。

200907_4左の写真は、窯から出した主なものです。

線象嵌の花入れも思った通りに模様が出ています。

お皿も、きれいに市松模様が出ています。

また、お茶碗は花ミズキの模様を入れてみました。はなみずきに見えますよね!

これらは、近々、ギャラリー銀座に置く予定です。

仲南町のひまわり畑に・・

仲南町のひまわり畑を見に行ってきました。

20090707 ひまわり祭りは7月19日とのことですが、もう咲いているだろうと思い、行ってみました。

結果は、写真のように、咲いているのもあるのですが、まだ少し早かった・・・(2割ほどは咲いていました)

来週からが盛りだと思います。

焼きもののほうは、今日はグループの展示会用の作品の釉薬掛けです。

グループのメンバーから依頼された分もありますが、ついでに、これまで素焼きだけして置いていた分もいくつか一緒に焼くこととし、その準備もします。

20090707_2 写真は、釉薬をかけ、窯に入れた状態です。この状態でSW-ON 釉薬をかけた状態ではグレーと真っ黒と茶色で変わり映えしませんが、焼いた後はきれいな模様が出るはず(?)です。

« 2009年6月 | トップページ | 2009年8月 »

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

ウェブページ

無料ブログはココログ