さった峠へ出かけてみました

安藤広重の東海道53次の版画でおなじみの「さった峠」へ足を延ばしました。

  
 版画は次の場面で、左上の崖の上に旅人がいるのがわかるように、当時は断崖絶壁の旅の難所です。
現在は、崖の下を、JR,、東名高速、国道1号線 が通っています。

Dsc_1195

この場所から見る富士山と現在の様子を見て見ようと思ったわけです。
  
 前日はほかの用事で、静岡市内泊まりでしたので、当日早朝 さった峠ライブカメラ で状況を確認すると、雲一つない良い天気、もちろん富士山はばっちり見えます。  午後になると、雲が出てきて、見えなくなる恐れがあります。
 
8時過ぎにホテルを出て、由比駅に向かい、約25分くらいで目的の由比駅に到着。
 
 当初は、由比駅にしようか、または一つ手前の興津駅にしようかと迷ったのですが、由比からのほうが近いので由比駅にしました。
 
 由比駅を出ると、駅前の通りにでて、左右を見ると、右に由比桜エビ通りのモニュメントがあり、ちょうど2匹のエビの真ん中から富士山が見えます。 

D01


目的の「さった峠」は、左でここから約4km弱です。

D2

道幅はあまり広くはありません。 車の通りも少ないです。
途中いくつかか橋がありますが、コンクリート製ですが、木造を模した薄茶色に塗装されています。
  

D3

途中、休憩所になっている旧名主の小池邸があります。
ところどころ古い家屋があります

D4

さらに進むと、標識があります

D06

右側の急な坂道を上ります。
坂の手前にある標識で、後1.3km ・・・本当かな?

D09

ここからは左に海を眺め、木々の間の道となります。

D11

D10

左側で樹木のないところは、目もくらむような崖になっています
D12
駐車場です。左の方にさらに奥へ進む道があります。

D13_2

さらに進むと、ライブカメラなどが設置されており、ここが目的地で、展望台になっています。

D14

ようやく到着です。
振り返ると・・・・ 富士山がばっちりで、 現在のさった峠からの富士山が・・・・

20180220_3

しばらく、この場所で富士山を眺め、東名高速を走る車を眺め、東海道線を通る列車を眺め、駿河湾越の伊豆半島を眺めしばらく時間をつぶしました。

同年代の方が時折、やってきて、カメラを構え写真を撮り、戻っていきます。

街道では小生のように、駅から歩いている人ともたまに出会います
皆さん、あの急坂を喘ぎながら登っていっています

昔は、舗装もしておらず細いでこぼこ道で、ガードレールなどももちろんありませんし、足元は草鞋ですから、この峠越えは難儀だったのでしょうね。

ちなみに、駅前からタクシーに乗る方法もありますが、小生が朝、由比駅に着いたときは、タクシーは1台もいませんでしたが、峠から駅に戻ると、2台客待ちしていました。

 

 せっかくここまで来たのですから、由比桜エビ通りを北に向かって広重美術館迄足を延ばしました。

ここは由比本陣跡の公園になっており、その中に美術館があり、版画の展示や説明、試し刷りなどができるようになっていました。

Dsc_1190

  
また、この美術館の前(通りの向こう側)は、かの有名な由比正雪の生家である正雪紺屋があり、現在ものれんを出しています。

20180220

今回は、きれいな雲一つない富士をさった峠から望むことができ、とても良かったです。

こころ残りが一つ消えたかな?

真冬の袋田の滝へ

札幌雪まつりの帰途の2月7日、真冬の「袋田の滝」に足を延ばしました。

雪祭りに行く前は、8割方凍結しているとの情報があり、さらに寒気団が来ているとのことで、現地に行っ他ときは完全凍結を予想していたのです。
現地につくと、残念ながら完全凍結ではありません。
天気予報に反して、少し暖かかったようで、ネットで見たときよりも氷が解けています。

20180207_1_2

エレベーターで展望台まで上がると、4段の滝全部が見えます。
真っ白になっているところは凍結しており、すだれ状に見えるところは、水が流れているところで、上に行くほど凍結しているように見えます。

20180207_6


最下段は、下のトンネルのところが正面になりぐっと近くに見えます。

  
完全凍結すると、この滝をザイルで登る人がいます。
入場券にも滝を登っている写真が印刷されています。

長年行ってみようと思っていた袋田の滝の凍結を見る凍賀でき、よかったです。

  
しかし、この袋田の滝の観光は公共交通機関で行くのは少し不便です、
観光地としてとても良いところですから、もう少し考えていただけたらと思う次第です。

札幌雪まつり2018

以前から、いつかは行ってみようと思っていた「札幌雪まつり」へ足を延ばしてみました。

天気予報では、今シーズン一番の寒気団襲来で、九州、中国、北陸と東北は日本海側を中心に大雪、北海道は30mを超す強風を伴う猛吹雪が7日ごろまで続くという。
このため、防寒対策は十分(?)にして、2月4日札幌へ向かいました。
5日の札幌は思いのほか寒くはありません。日中の気温は1度くらいです。
雪は時折落ちてきますが、吹雪ではありませんので、フードだけで充分です。
午後、大通会場に向かい、足元に十分気を配りながら、雪像を見て回りました。
観覧は一方通行になっています。 大通公園のテレビ塔側から西に向かって、北側の通りを西に向かって歩き、公園の突き当りで南側の通りを東に歩くことになります。

20180205_3

20180205_8

途中ジャンプ台が作られ、スノーボードの選手(?)が練習しています
写真中央に開店している選手が見えます。

20180205_10

目玉の自衛隊の方が作った雪像です。

上は昼間、下は薄暮の時間帯でライトアップが始まっています。

20180205_33

20180205_20

これも自衛隊の皆さんが作られた雪像で、軒や庇も本物そっくりに作られています。

20180205_35

夜はライトアップが始まり、もっと暗くなると、プロジェクションマッピングが実施されます。

20180205_24

小さな雪像もあちこちのたくさんあります。

20180205_29

日本ハムの入団した清宮君もありました(似ていますね)

20180205_27

手塚治虫生誕90周年を記念した手塚漫画の人気者の像もありました

どれもこれも上手に作っています。
小生が行ったときは5日でしたが、まだ製作中の雪像も沢山ありました(途中のものは外国参加の分がほとんどです)

大通会場を一通り見て回り、次いでススキの会場まで足を延ばし、再度大通会場に戻り、ライトアップされたの雪像を見て回るという具合で、この日は18000歩を超えていました。
雪像は昼よりも夜のほうが、美しく見えますね。
札幌にいる間は、天気予報がいいほうにはずれ、雪祭り見物はうまくいってよかったです。

飛鳥2クルーズ

2018年1月 初めての飛鳥クルーズです。

今回は、横浜~佐世保への2泊3日。 どんな船旅になるか・・・・さてさて・・・
 JRで横浜まで向かい、乗船開始まで時間があったので、桜木町駅から大桟橋まで歩きます。
 腹周りに脂肪がつきすぎぐらいの体、これから食っちゃ寝ての時間が始まりますので事前に運動しておかないといけませんから・・。

Dsc_0964

大桟橋に停泊している飛鳥ⅱが見えます。
船内はどうなっているのかな?
15時過ぎに手続きを済ませ、乗船します。
その際、船室のキーとなり、船内で現金代わりに使うカードをいただきます。

Dsc_1007

船内に足を踏み入れると、そこはホテルの中?のようです。

レセプションカウンターがあり、世界各地の時間を表す時計が壁に設置されています。

Dsc_0993

まず、船室に行き、荷物が届いているのか、確認します。  ちゃんと届いていました。
荷物をあけ、クローゼットに服を収めてまず一安心。
 次に避難訓練の開始時間まで1時間弱あるので、ラウンジでウエルカムドリンクをいただきます。 (スパークリングワインとチョコレートをいただきました)

Dsc_0966

 バンド演奏も始まっています。  このラウンジでは時々バンド演奏やピアノ演奏が行われています。

Dsc_0974

16時過ぎになると、避難訓練が始まります。
部屋ごとに所定の場所に集まり、点呼を受け、救命胴衣の扱い方を覚えます。

Dsc_0972

17時 出航です 
外は雨ですので誰もデッキには出ません。
暗くなってきたので、大桟橋向かいのみなとみらい地区の夜景がきれいに見えます。

 船内放送によると、現在、海面は凪いでいますが、東京湾を出ると波、風ともにあるとのこと。  (まあ、大きい船だから揺れないとは思いますが・・・)

 食事は2回目のグループでしたので、19時45分からですので、それまでの間、ギャラクシーラウンジで、イリュージョンショーの観覧で時間を過ごします。

Dsc_0988

(ショーは、著作権の関係で、写真撮影禁止だそうです)
食事の時間になったので、会場に行きますが、この日の服装はカジュアルでOK。

その前に、船長さんと一緒に写真撮影。

Dsc_0978

船長さん かっこいいですね。

Dsc_0979

 食事中、フルートとギターとヴァイオリンの方があちらこちらで楽しそうな音楽を奏でています。   1時間ほどすると、添乗員のような方に連れられて行かれた席で、ハッピーバースデーを演奏しています(サプライズですかね。  5~6組ほどいたようです)

食事後、いろんなイベントがあるのですが、ウエルカムドリンクに加えビールとワインをいただいたので、ほろ酔い気分で部屋に戻り、バタンキューの状態で、イベントには参加しませんでした。  もちろん夜食もパスです。
 食事中は感じなかったのですが、夜半から船は大きく揺れ始めました(伊豆半島沖くらいですね)

» 続きを読む

おなじみの伝統工芸展へ

新しい年の初めは、おなじみの伝統工芸展から始まります。

 当地高松は、新年の1月2日から県立ミュージアムで展示しているので、正月三が日明けの4日に出かけてみました。
 開館早々でしたので、会場は、人はまばらだったので、展示品をじっくり、上から横からながめ、鑑賞することができました。 

Dsc_0959_2

 今回展示されている作品は、陶芸部門では、小生は初めて見るような作風の作品が多く、じっくり眺めさせていただいた次第です。
 当地香川県の作者の作品は、例年通り漆芸が大部分をしめ、陶芸はわずか3名、これまで度々見かけてきた方(Fさん、Kさん、Hさん))の作品は見当たりません。  このことからも新しい作家、作風が増えたこととかかわりがあるのでしょうね。

Dsc_0960

香川県作家の作品です。
陶芸作品は、上列の左から2名と中段の左端の1名です
これからの作品作りの参考にするため、今回も作品集を購入しました。

Dsc_0962_2

帰宅し、こたつに足を突っ込んで、作品集を鑑賞です。

展示されているのは、作品全部ではありませんので、どうやって作ったのか想像しながら作品集に目を通すつもりです。

新年おめでとうございます

新年おめでとうございます

2018年も平穏な1日からスタートです。

P1040480

2018年は、戌年ですね。
ワンダフルな年でありますよう、心から願う次第です。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
これまでの出来事を挙げてみますと
良いほうでは
・関門トンネル開通
・一万円札発行
・皇太子(今生天皇)婚約発表、民間から初の皇太子妃
・初の国産人工衛星(おおすみ)打ち上げ成功
・大阪万博開催
・上越新幹線開通
・日本人初の女性宇宙飛行士(向井さん)を乗せたスペースシャトル打ち上げ
など いろいろありますが
悪いほうは、
・オウム真理教による松本サリン事件
・日本航空350便墜落事故
・日本航空よど号ハイジャック事件
など大きな事件も起こっています。
良いほうの多い年であればいいのですが・・・・・

京都の街歩き(最終回:9条通編)

今年の春先から始めた 京都の街歩きも12月は最後回の9条通り編です。

今回は、観光客もほとんど行かないところが主で、平清盛の西八条邸宅跡からスタートで若一神社~西寺跡~羅城門址~矢次地蔵~東寺 のコースです。
 まずは、平清盛の邸宅のあったところですが、現在は、鎮守社であった若一神社があり、境内には、平清盛の石像と清盛公ゆかりの御神水と、祇王の歌碑があります。

201712069_2

201712069_3_2

石像はあまり大きくはありません。 高さ1mくらいですね。

この神社の門前には、大きな樹木がありますが、以前京都市が道を広げようとして伐採しようとしたら、不幸なことが続いたため伐採をやめた曰く付きの樹木で、そのため、広い道が真っ直ぐではなく変に曲がっています。

 若一神社の次は、西寺跡です。 古い住宅街を通っていくと中央部がやや盛り上がった公園に出ます。 これが平安京への入り口である羅城門の西側に建立された西寺跡です。
当時は東寺と同じ規模だったようですが、今は見る影もなく、西寺跡の石碑と礎石がいくつかあるだけです。

201712069_8

201712069_9

周囲は住宅街になっており、当時をしのぶことはできません

この辺りは、昔は湿地帯だったようで、疫病などがはやり、だんだんと都は東へ東へとうつったそうで、西寺は再建されなかったとのことです。

次は、平安京に入口であった羅城門址です。
羅城門は広い平安京の南の門で、朱雀大路の南の端に当たり、北の端が朱雀門になりますが、現在は何にもありません。  

ここも狭い公園になっており、石碑が立っているだけです。

201712069_11

201712069_12

 羅城門は大きな建物だったそうですけど、横幅に比べ奥行があまりなかったため、強風で2度倒壊したそうで、その後は再建されなかったようです。

この後、羅城門址前の9条通りを東へ歩き(途中これといって見るものありません)、西寺と同じ時期に建立された東寺を目指します。

東寺は、通常観光客が入らない南大門から境内へ、ゴールです

この南大門は、豊臣秀吉が建立した方広寺の門で
方広寺の境内に国立博物館を作るとき、京都市はこの門が邪魔で、も相手を探したところこの東寺がもらい受けて移築したという曰く付きの門だそうです。  

Dsc_0949_2

紅葉真っ盛りの大窪寺へ

TVの全国ニュースでも伝えられていた、紅葉真っ盛りの大窪寺まで足を延ばしてみました。

ここへ行くのは10年ぶり(?)ですかね、 行くたびに道が良くなっています。
四国88個所の88番目の大窪寺ですから、途中何人ものお遍路さんに出会います。
駐車場に車を置き、本堂へ。

2_2

一番大きなイチョウの木はすでに落葉しています。 その横のイチョウは今が盛りとまっ黄色です。 門前のもみじは紅葉の見ごろで、お遍路さんとは別に多くの方々が紅葉狩り(?)に来られていました。
紅葉目当てのカメラマンさんも沢山・・・

3_3

1_3

4

小生は、これくらいの具合がきれいで一番好きな時期ですが、どうですか?
今が見ごろで、全国放送で紅葉名所(?)として、放送されるはずですね

公渕公園の菊花展へ

絶好の行楽日和の11月6日、近くの公渕公園へ出かけてみました。

目的は、菊花展です。
駐車場に車を置き、菊花展会場へ移動します。
途中の桜の並木の紅葉は残念ながら終わっています
会場には、大輪の菊、盆栽仕立ての菊、懸崖仕立ての菊がたくさん並んでいます。
ちょうど満開といった盛りで、この時期に合わせて花が開花するよう調節(?)したのでしょうね。
このような立派な花を咲かせるのは大変なことだと思います。
土づくりから始めなくてはなりませんものね。 小生はみるだけにしておきます。

3_2

2

5

近辺の小学校の生徒さん方も、出品していました。

1_2

一通り、見てまわって、 公園の紅葉もと思いましたが、桜は落葉しており、モミジは未だ緑でしたので、このあと、さらに足を延ばして、大窪寺まで行ってみました。

トロッコ列車 奥出雲おろち号へ

好天の11月5日、トロッコ列車「奥出雲おろち号」へ乗車。

紅葉シーズンも真っただ中、トロッコからの景色をのんびり眺めてみよう・・・の旅です。

7

 備後落合駅(無人駅)から出雲三成まで、約2時間。
トロッコ列車ですから、座席は板の椅子というか木のベンチですので、乗り心地はあまりよくありません。
 列車は、ディーゼル機関車に、気動車とトロッコ各1両をつないでいます。 
 座席指定で、気動車とトロッコは同じ座席番号で、雨天時矢トロッコに飽きたとき、寒い時などは気動車のほうに移動できます。(気動車はトロッコの予備ですね)
 
 定刻に備後落合駅を出発、ボランティアガイドさんの流暢な沿線ガイドを聞きながらの旅です。

11_2

ガイドさんのユニフォームですね。 ちゃんと奥出雲おろち号となっています。

3

列車の席はほぼ埋まっています。
皆さん最初は、トロッコのほうにいたのですが、11月で、今年一番の低い気温だったこともあり、次第にトロッコに座っているお客さんは減っていきます。
最大の見どころ(?) 国道の奥出雲おろちループの景色を眺め(列車は徐行してくれます)と3段スイッチバックを通っていきますが、スイッチバックの2段目に駅があり、約20分停車しています。 この駅で降りて、延命水を飲み、地元の農産物を物色し、列車に戻ります。  

13

1

奥出雲大ループです。 上の写真の赤い橋の右側が、下の写真の左側の上の道に続いており、手前の道路を通って、真ん中あたりに白い小さい道路がちょっぴり見えますが、底に続いています(ここがこの木次線一番の景色です。 
 
列車はこのループの外側をぐるりと回って、向かい側で3段スイッチバックになります。
快晴の青空の下、紅葉し始めた山々の木々をめでながらの2時間、寒い中トロッコで最後まで頑張りました(意地かな)
この木次線、備後落合から下りは平日は4本、土日休日は2本しかありません。
もちろん 宍道方面からの上りも同じ本数ですが、そのうちの1本は「奥出雲おろち号」ですので、廃線の危機(?)ですかね。  観光客以外は乗っていないようでした。 
出雲三成で下車し、鬼の舌震まで、足を延ばしてみました。
 

«上絵の色付け、さて、どうしようかな?

2018年2月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28      

ウェブページ

無料ブログはココログ