第24回 研陶酔会作品展のご案内

 小生の属している陶芸グループの作品展で、今年も懲りずに、開催いたします。

 昨年の展示会以降、いろんなことがありましたが、何とか展示できる作品を作ることができました。
会場は、これまでと同じ、木田郡三木町 池戸公民館のアートギャラリーです。

Dsc_1813

Dsc_1814

案内状のハガキ写真にも書いてある通りですが、改めて紹介します。
 ところ  池戸公民館アートギャラリー
 とき   H30.10.2(火)~10.7(日)の6日間
            9:00~16:00 ただし最終日は、14:00迄
 9名+2名のグループですが、モノつくりよりも、ボケ防止(?)の会話が中心といってもよ集まりの皆さんが作った作品を展示しています。
 上手な方も、そうでない方もそれなりの作品を展示していますので、会場にお越しいただき、作品について、ご意見塔いただければ幸いです。

イノシシの置物 ようやく完成

 4月に素焼きしたままで しばらくの間 工房(?)の隅っこに置いたままであったイノシシの置物、ようやく本焼成し、完成(?)しました。

Dsc_1781

 当初は、透明釉薬をかけて、完成の予定だったのですが、 試しに1個、透明釉薬を掛け、焼成してみた結果、本体の色の出具合が気に入らなかったので、隅っこに置きっぱなしにしていたのです。
 とはいっても、イノシシは来年2019年の干支ですから、いつまでもそのままにしておくことはできません。
 少し前に小鉢に掛けたみ蕎麦釉がいい色だったので、今回透明釉薬ではなく、その蕎麦釉を薄くかけることにしました。(厚くかかると流れてしまいますので気を付けなくてはいけません)
 ただし、蕎麦釉の場合は、透明ではありませんので、最初に化粧土で描いた目と牙は、本焼成後、上絵具で描き、再度焼きつけしました。
 これだけでは 焼成する窯の効率が悪いので、以前ネットで注文を受け、ぼちぼち作っていたボーダーコリーの箸置き や バーニーズマウンテンのぺンダントトップなども一緒に焼き付けしました。 

Dsc_1778

 

来年の干支の置物つくり

まだ早すぎますが、来年の干支の置物つくりです。
 
この時期に来年のことを言うと鬼が笑うといいますが、本当に笑われそうですね。
10月にグループの展示会を開催する予定ですが、その時の作品もまだ作ってないのに、その先の置物を作るとはなんということかね とでも言われそうです。
 
2019年の干支は、12番目の「いのしし」です。
まず形をイメージし、紙に書いてみた後、その図のような形を作ります。
  
数多く作るので、石膏型を作り、完全乾燥させた後、型抜きをします。
型抜きした後、不要分を削り、目と牙を化粧土で色付けし、素焼きまでしてみました。

Dsc_1358

手前が、型抜きし整形した分、奥が素焼きしてみた分です。

素焼きしただけでも、少し小さくなります。

本焼成すると最初型抜きした分より一回り小さくなります。

Dsc_1360

前から見ると、このような表情です。
いのしし(?)に見えますよね。
  
本焼成は、釉薬を掛けるかまたは、焼き締めにするか・・・思案中です
いのししの体毛を考えると、焼き締めのほうがいいのかなあ?  その場合でも牙と目は釉薬を掛けるつもりです。
5月のGW明けには、試作品が仕上がる予定です。 

花瓶の模様付け 何とか済んだ?

 先週、轆轤で引いた花瓶の模様付けが何とか終わりました(?)

 
 本体を作った後、模様付けをどうするか考えていましたが、結局、線象嵌で模様付けすることとし、ようやく終わった段階です。
 
まずは、先日ご照会した、轆轤で引いたままの形です

Dsc_1300

この後、少し乾いてから、墨で模様を下書きし、針で彫り込んでいきます

_20180401_204440

針で彫り込んだ溝に、白土を埋めていき、ほぼ乾いた段階で、削ります

Dsc_1326

真上から見た模様です

Dsc_1327

黒の部分は、墨で描いた下書きの線ですので、焼成すれは消えてしまいます。

墨で下絵を描き始めてから、3日で、何とかここまでできました。

 

あとは焼成ですが、これに釉薬を掛けるか、または炭化焼しめにするか・・・・また思案です

 

出来上がったら、ブログに掲載します。

やきもの再開しました

陶芸作品作り、再開しました。
 

 長年使ってきた陶芸の電気窯が昨年11月から、不調だったので陶芸作品作りをストップしていたのですが、このほど、窯の修理が完了(?)したので、窯の稼働確認を兼ねて、たまっていた作品を焼成してみました。

 焼成した結果、今回、温度調節器と、電磁開閉器を交換したことから、稼働が以前と少し変わったようで、ねらしの時の電磁開閉器の作動音の間隔が少し長いような気がします。
 
とはいっても、同じように焼成できたようです。

Dsc_1303

次は昨年11月に依頼を受けていたもので、熊の箸置きです。
遅くなりましたが、ようやく出来上がり、ホッとしています。

Dsc_1302_2

  
溜ったものを焼成するだけではなく、新たに作品作りも始めました。
暖かくなったので、水を使うことも全く苦にならなくなり、轆轤を使って花瓶を作ってみました。

Dsc_1300


花を生けることも、そのまま置物として鑑賞もできるようなものにするつもりです。
 
現在どのような模様を入れるか検討中です。
 
 

陶芸窯 ようやく修理完了

昨年末から具合の悪かった陶芸窯(電気窯)このほど修理が終わりました。
とはいっても、問題なく使うことができるかどうかは、焼成してみないとわかりません。

 
というのも、
・電源が入ったり、入らなかったり、
・焼成がおわり、窯の温度が下がっていく過程で、警報が鳴ったり、
だったので、焼成してみなくてはわからないと思う次第です
 
 今回は、遠路はるばる、窯を購入した京都のメーカーの方に来ていただき、修理していただきました。

Dsc_1289

技術員さんが、狭いところで、地べたに書類を広げ、図面と照らし合わせながら、
・窯の購入が2002年でしたので、型が古く最近の窯の回路とはどうも異なるようです
・次に、テスターで、回線のチエック
・回線に異常がないことを確認後、古くなった機器を交換
・通電して正常に動くかどうか確認
 
何とか稼働するようになったようです

Dsc_1290

 
今回、交換したのは、写真の中で、きれいに見える2つの機器です
・温度調節器 と
・電磁開閉器 
です。
 
修理代は、・・・・・・・
上記2種の機器代と、窯の点検改修費、京都からの出張交通費 を含めて・・・・
ご想像にお任せします。
 
これで、窯は正常に使えるはずですので、これから、手元にたまった作品(?)や依頼のあった品物の焼成に取り掛かるつもりです。
 

四国まんなか千年ものがたり に乗車

 3月5日(月) JR四国の観光列車である 「四国まんなか千年ものがたり」に乗車。

前々から乗ってみようと思っていたのですが、なかなか乗れる機会がなく、この時期にAトラベルさんのツアーにあったので、参加しました。
 
 通常運行は 金、土、日の週3日ですが、この日は平日の月曜日の臨時運行、おまけに、ツアー参加人員は、少なく23名(?)と少なく、ゆったりとくつろげます。
午前11時27分、善通寺から乗車、約2時間半の旅です。
列車の横の表示板です

Dsc_1257

先頭の1号車です。

P1040631

最後尾の3号車です。

P1040635

3両編成で、それぞれの車内は次の通りです。
1号車から3号車の順で、車内の様子は異なっています。

Dsc_1261

Dsc_1258

Dsc_1259

 窓は、とても広く、景色が見やアテンダントの方から、折に触れて景色の説明などがあります。
 乗車後、次の琴平駅で約15分ほど停車の説明があり、観光列車専用の休憩室が設置されています。 

Dsc_1256

 休憩室に行くと、ミネラルウオーターの入ったペットボトルが渡され、次いで、暖かい野菜のスープが提供されます。
 このスープをいただいて、改装された琴平駅で、しばらく過ごし列車に乗り込みます。
 
琴平駅を出発後、食事タイムの始まりです。
料理は、「資生堂パーラー神椿」監修のメニューです。

Dsc_1262

Dsc_1264

財田駅でも、通過列車待ち合わせ等のため 10分ほど停車。

発車すると、次は全国的にも有名なスイッチバックの秘境駅である「坪尻駅に停車」

Dsc_1267

現在利用者はいないとのこと。
駅のホームにいる間に特急列車が通過していきます。

坪尻駅を出発すると、次の一品が出てきました。
暖かい料理です。

Dsc_1269

Dsc_1271

コーヒーとデザートです。
デザートは、もっと大きなものを想像していたのですが、・・・・
 
あとでメニューを見てみると…プチデザート  となっていました。
赤は、マドレーヌ、青はクッキーです
 
池田駅でも10分ほど停車。 穴あきパネルや千年ものがたりのはっぴ、帽子などがホームに準備され、自由に身に着け写真を撮ることができます。
 
ここを出発すると、あとは吉野川を右手に見ながら、次々と観光説明を受けながら、大歩危駅に到着し、今回の乗車体験は終わりです。
 

さった峠へ出かけてみました

安藤広重の東海道53次の版画でおなじみの「さった峠」へ足を延ばしました。

  
 版画は次の場面で、左上の崖の上に旅人がいるのがわかるように、当時は断崖絶壁の旅の難所です。
現在は、崖の下を、JR,、東名高速、国道1号線 が通っています。

Dsc_1195

この場所から見る富士山と現在の様子を見て見ようと思ったわけです。
  
 前日はほかの用事で、静岡市内泊まりでしたので、当日早朝 さった峠ライブカメラ で状況を確認すると、雲一つない良い天気、もちろん富士山はばっちり見えます。  午後になると、雲が出てきて、見えなくなる恐れがあります。
 
8時過ぎにホテルを出て、由比駅に向かい、約25分くらいで目的の由比駅に到着。
 
 当初は、由比駅にしようか、または一つ手前の興津駅にしようかと迷ったのですが、由比からのほうが近いので由比駅にしました。
 
 由比駅を出ると、駅前の通りにでて、左右を見ると、右に由比桜エビ通りのモニュメントがあり、ちょうど2匹のエビの真ん中から富士山が見えます。 

D01


目的の「さった峠」は、左でここから約4km弱です。

D2

道幅はあまり広くはありません。 車の通りも少ないです。
途中いくつかか橋がありますが、コンクリート製ですが、木造を模した薄茶色に塗装されています。
  

D3

途中、休憩所になっている旧名主の小池邸があります。
ところどころ古い家屋があります

D4

さらに進むと、標識があります

D06

右側の急な坂道を上ります。
坂の手前にある標識で、後1.3km ・・・本当かな?

D09

ここからは左に海を眺め、木々の間の道となります。

D11

D10

左側で樹木のないところは、目もくらむような崖になっています
D12
駐車場です。左の方にさらに奥へ進む道があります。

D13_2

さらに進むと、ライブカメラなどが設置されており、ここが目的地で、展望台になっています。

D14

ようやく到着です。
振り返ると・・・・ 富士山がばっちりで、 現在のさった峠からの富士山が・・・・

20180220_3

しばらく、この場所で富士山を眺め、東名高速を走る車を眺め、東海道線を通る列車を眺め、駿河湾越の伊豆半島を眺めしばらく時間をつぶしました。

同年代の方が時折、やってきて、カメラを構え写真を撮り、戻っていきます。

街道では小生のように、駅から歩いている人ともたまに出会います
皆さん、あの急坂を喘ぎながら登っていっています

昔は、舗装もしておらず細いでこぼこ道で、ガードレールなどももちろんありませんし、足元は草鞋ですから、この峠越えは難儀だったのでしょうね。

ちなみに、駅前からタクシーに乗る方法もありますが、小生が朝、由比駅に着いたときは、タクシーは1台もいませんでしたが、峠から駅に戻ると、2台客待ちしていました。

 

 せっかくここまで来たのですから、由比桜エビ通りを北に向かって広重美術館迄足を延ばしました。

ここは由比本陣跡の公園になっており、その中に美術館があり、版画の展示や説明、試し刷りなどができるようになっていました。

Dsc_1190

  
また、この美術館の前(通りの向こう側)は、かの有名な由比正雪の生家である正雪紺屋があり、現在ものれんを出しています。

20180220

今回は、きれいな雲一つない富士をさった峠から望むことができ、とても良かったです。

こころ残りが一つ消えたかな?

真冬の袋田の滝へ

札幌雪まつりの帰途の2月7日、真冬の「袋田の滝」に足を延ばしました。

雪祭りに行く前は、8割方凍結しているとの情報があり、さらに寒気団が来ているとのことで、現地に行っ他ときは完全凍結を予想していたのです。
現地につくと、残念ながら完全凍結ではありません。
天気予報に反して、少し暖かかったようで、ネットで見たときよりも氷が解けています。

20180207_1_2

エレベーターで展望台まで上がると、4段の滝全部が見えます。
真っ白になっているところは凍結しており、すだれ状に見えるところは、水が流れているところで、上に行くほど凍結しているように見えます。

20180207_6


最下段は、下のトンネルのところが正面になりぐっと近くに見えます。

  
完全凍結すると、この滝をザイルで登る人がいます。
入場券にも滝を登っている写真が印刷されています。

長年行ってみようと思っていた袋田の滝の凍結を見る凍賀でき、よかったです。

  
しかし、この袋田の滝の観光は公共交通機関で行くのは少し不便です、
観光地としてとても良いところですから、もう少し考えていただけたらと思う次第です。

札幌雪まつり2018

以前から、いつかは行ってみようと思っていた「札幌雪まつり」へ足を延ばしてみました。

天気予報では、今シーズン一番の寒気団襲来で、九州、中国、北陸と東北は日本海側を中心に大雪、北海道は30mを超す強風を伴う猛吹雪が7日ごろまで続くという。
このため、防寒対策は十分(?)にして、2月4日札幌へ向かいました。
5日の札幌は思いのほか寒くはありません。日中の気温は1度くらいです。
雪は時折落ちてきますが、吹雪ではありませんので、フードだけで充分です。
午後、大通会場に向かい、足元に十分気を配りながら、雪像を見て回りました。
観覧は一方通行になっています。 大通公園のテレビ塔側から西に向かって、北側の通りを西に向かって歩き、公園の突き当りで南側の通りを東に歩くことになります。

20180205_3

20180205_8

途中ジャンプ台が作られ、スノーボードの選手(?)が練習しています
写真中央に開店している選手が見えます。

20180205_10

目玉の自衛隊の方が作った雪像です。

上は昼間、下は薄暮の時間帯でライトアップが始まっています。

20180205_33

20180205_20

これも自衛隊の皆さんが作られた雪像で、軒や庇も本物そっくりに作られています。

20180205_35

夜はライトアップが始まり、もっと暗くなると、プロジェクションマッピングが実施されます。

20180205_24

小さな雪像もあちこちのたくさんあります。

20180205_29

日本ハムの入団した清宮君もありました(似ていますね)

20180205_27

手塚治虫生誕90周年を記念した手塚漫画の人気者の像もありました

どれもこれも上手に作っています。
小生が行ったときは5日でしたが、まだ製作中の雪像も沢山ありました(途中のものは外国参加の分がほとんどです)

大通会場を一通り見て回り、次いでススキの会場まで足を延ばし、再度大通会場に戻り、ライトアップされたの雪像を見て回るという具合で、この日は18000歩を超えていました。
雪像は昼よりも夜のほうが、美しく見えますね。
札幌にいる間は、天気予報がいいほうにはずれ、雪祭り見物はうまくいってよかったです。

«飛鳥2クルーズ

2018年9月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

ウェブページ

無料ブログはココログ